宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

「琥珀色の雨にぬれて」星南のぞみさんのフランソワーズはアリなのか?

  

 だいぶ経ってしまいましたけど、雪組さん、「琥珀色の雨にぬれて」の配役の発表がありましたよね~。今さらですけど、私の感想です。

 トップコンビに関しては前からわかっていたことだし、実力面でも何も言うことはないので、ちょっとだけ。

 

人気面以外は心配ない

 今度の雪組のトップコンビで心配な点っていうのは、唯一、早霧さんが退団したあとのお客さんの入りがどうなるかってことだけじゃないですかね。

 つまり、人気の面っていうことですが。

 ここが一番肝心だっていう気もしなくもないけど、実力十分なトップコンビなので、お客さんも、まあついていくんじゃないのかなー。望海さんがトップとして活躍する姿を待っていた人も多いでしょうしね。

 真彩さんに関しては、よく「歌も上手で天使みたい~」とか耳にしますけど、最近「天使」っていう表現、いろんなとこで使われすぎじゃないですか(笑)?

 そういう表現がはやってるのかな。聞いてると、そこらじゅうに天使がいる感じ(笑)。

 ここだけの話(ってブログに書いてるけど)、そりゃあ「清く正しく美しく」の宝塚なので、娘役さんはオフィシャルな場面では天使っぽくしてるかもしれないですけど、実際はフツーの今どきの女の子なんじゃないのかなーって、私は思いますけどね。

 特に、トップ娘役になるような娘役さんは、相当しっかりしてないと、務まらないんじゃないかと思う(気が強くないと無理なところもあるんじゃないのかな)。

 なので正しくは、「天使を演じてる」っていう感じじゃないですかね。そういうのも、娘役さんに求められているんだろうけど。

 だから、可愛い娘役さんでも、素は分からないですよー、皆さん(笑)。なんてね。

 話を戻して、真彩さんに関しては、歌については私も期待しているし、嫌いじゃないですけど、天使かどうかは分からない(笑)。

 トントン拍子で娘役トップになった感じですけど、スカイステージで普通にお話している場面とかをそんなに見ていないので、まだキャラがつかみきれていない感じです。

 この前も同じようなこと書いたんですけど、個人的には真彩さんには、あんまりブリっとせずに、実力で攻めていってほしいですね。

 で、これからの雪組さんで一番の不安要素は、結局のところ、トップコンビ以下の男役スターが弱いっていうところなんじゃないですかね。なんとな~くパッしないか、まだ若いかの2択、みたいな。

 

ルイの彩凪さん

 彩凪さんがルイを演じるのは何となく予想できる感じでしたけど、元々の持ち味が大人っぽいのでジゴロの役は似合いそうですよね。ここは正念場だと思って、思いっきり演じてほしいですねー。

 今回の公演で彩凪さんに期待したいのは、なんとなく予想通りの出来栄えっていうんじゃなくて、「これぞプロの男!」みたいな、むせ返るような色気の本物のジゴロ感を出してほしいですね。

 「琥珀色の雨にぬれて」って、ヒロインのシャロンの姐さん的な雰囲気と、ルイのいかしたジゴロっぷりがないと、主役のクロードが引き立たないじゃないですか。

 なので、頑張ってほしいですね。

 

実はクロードのキャラが好きになれない(笑)

 ちなみに、わたし、柴田先生の作品ってどれも大好きだけど、主役のクロードのキャラクターって、あんまり好きじゃないんですよね~(笑)。

 ちょっと、お坊ちゃんすぎると思いませんか? 見ててイラっとする。シャロンの魅力で脳内がやられてしまったとしか思えないフヌケっぷりです(言い過ぎ?)。

 特に、後半で、フランソワーズにいろいろバレちゃったときのセリフが、男として最低だと思う。「おまえ~っ!」って思いますね。優柔不断が服着て歩いてるみたいだもん。こういう逃げ方する男の人って現実にもいそう。フランソワーズからしたら、めちゃくちゃ身勝手な男ですよ。許せないわ~。

 優しい男の人も世の中にはいるけど、サイテーな人もいますよね。クロードは、別に悪い人じゃないんだろうけど、その優柔不断さゆえに、周りの人をすごく傷つけてると思います。私は、クロードみたいな人、好きになれないなー。

  

で、本題のフランソワーズ

 今回、重要な役どころのフランソワーズを演じるのは、星南のぞみさんに決まりましたね。

 クロード、シャロン、ルイがみんな浮かれちゃってるところで、ひとり正気でまともなこと言ってるフランソワーズ。けなげすぎる。私、この役好きです。最初に見たときは、遠野あすかさんが演じていたけど、似合ってました。

 今回のフランソワーズの配役に関して、私の感想は「。。。」ですね(←お察しください)。出演者が決まった時点でもしかしてとは思っていたんですけど、本当になっちゃった。

 星南さんは、確かに美少女ですよ。かわいい。

 だけど、だけどですよ。私の中では「ケイレブ・ハント」の演技があんまりにも……。

 いやほんと、どんなにひいき目にみても、あれは、あれこそが、〇〇(←やさいのなまえ、漢字で)というやつではなかろうか、という出来栄えだったと思うんですよねぇ(笑)。こんなこと言ってゴメン。だけど、ある意味衝撃的だったから(笑)。

 演技があそこまでっていうのは、なかなか珍しい気がする。歌がひどいとかは、わりとよくあるパターンですけど、ねぇ?

 「ケイレブ・ハント」も、星南さんはかなりおいしい役だったのに(有沙瞳さんよりもいい役だったんじゃないのかなー)、学芸会テイストな演技で、ものすごーくもったいなかったと思いますね。

 彼女は、あれから上手になったんですか??? なったと思いたい。別にキライで言っているわけじゃないのでね。頑張ってほしいです。

 というわけで、星南さんのフランソワーズがアリかどうかは、まあ今の時点では分かりませんけど、これはねー、がんばらないと。星南さん。

 ここでコケたら、もういい役が回ってくるのがキビしくなったりするかもしれません。劇団、伶美さんの件とか見ても、結構シビアな判断するときがありますからね~。

 

おすすめ記事セレクション

 

 ↓ ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

 


にほんブログ村