宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

星組さん、新公戦国時代に突入か?!

 

 星組さん、今度の新人公演は、前回とまたガラリと主演が変わりましたね~。

 前回主演した天華さんは、卓上カレンダーのメンバーにもなったし、とりあえずはスター路線に乗ったってことなんですかね。スター扱いのメンバーの中で、これからトップを狙えるところまでいくかどうかっていう勝負になるのかなー。

 私が気になってた綾凰華さんは組替えしちゃったからなぁ。雪組でチャンスをつかんでほしいです。あと、綾凰華さんで検索すると、歯並びって出てくるけど、そんな検索しないであげて~(って、ここにも書くなって感じ??)。

 

今回の主演コンビ

 で、今度の極美慎さんは、100期なのかー。

 また来ましたね、星風まどかちゃんを筆頭にばく進する100期生。

 新しい生徒さんがどんどん出てきて、全然名前が覚えられない(笑)。

 私、これまでの極美さんの舞台を知らないからなぁ。何にも言えないけど、新人公演が楽しみです。

 

星蘭ひとみちゃん!

 星蘭さんは、「キタ!」って感じですね。

 成績がイマイチっぽかったのが気になるところですが、私、星蘭さんの「スカーレットピンパーネル」のルイ・シャルルの演技、好きだったんですよね。

 紅さんのパーシーは、結構おちゃらけてて、そういうところを楽しんだ方もいたのかもしれないけど、私が紅さんのパーシーで一番好きだったのは、パーシーとルイ・シャルルが対面する場面でした。

 前にも書いたんですが、ルイ・シャルルに向かって、「おいたわしい」って言うパーシーのセリフが、ものすごく情感がこもっていて、グっときました。私が見たときは、紅さん、このシーンでほんとに泣いていたみたいだったし。

 パーシーがほんとにルイ・シャルルを助けたいって心から思ってるんだなっていう、いい場面だったと思います。

 星蘭さんのルイ・シャルルも、線の細い少年というか、震えてる小鳥みたいな、そんな感じがあって、大きな運命を背負わされてしまった、いたいけな少年の哀れな感じがよく出ていた気がします。あの公演だけでは何とも言えないけど、あのときは演技上手なのかなって思いました。

 歌は、紅さんと一緒に「ひとかけらの勇気」をちょっと歌っていたはずなんだけど、あんまり記憶にない(笑)。

 とりあえず、あのルイ・シャルルだって相当な抜擢だったはずで、劇団は星蘭さんのこと、ずっと前から注目してたんでしょうね。

 まあ、私は子どもとか、子犬とかが出てくるお話とかだと、すぐ涙腺が崩壊しちゃうので、それで感動しちゃっただけかもしれませんが(笑)。

 この間も、いもとようこさんの「いとしの犬ハチ」(ハチ公の絵本です。すごくかわいい)を読んで、不覚にも先が読めないくらいに泣いてしまったし(笑)。

 とりあえず、いろんな生徒さんにチャンスが回るのは、いいことなんじゃないんですかねー。

 私は男役でも娘役でも、あんまり同じ人が新公で主演を続けるのって、どうなのかなーって思ってたし。

 星組さんだと、礼真琴さんの新人公演独占時代がすごく長かったけど、個人的にはちょっと長すぎた気がしますね。礼さんのことは好きだけど。

 瀬央さんとか、他の生徒さんにも、柚希さんの間近で勉強するチャンスをあげてもよかったと思う。礼さん自身も、柚希さんの面影がすごく濃くて、何をやっても上手なんだけど、柚希さんをなぞっているように見えてしまうときがある気がするし。

 と、まあ、話がちょっとずれたけど。

 とにかく、星蘭ひとみちゃん、結構キビシイ目にさらされるかもしれませんが、せっかくのチャンスなので、思いっきりやったらいいんじゃないですかね。

 檀れいさんも、歌も踊りも「・・・」だったけど、演技の思い切りというか、舞台度胸だけはすごかった気がします。あと美貌。

 どちらにしても、新公一発屋じゃないけど、娘役さんなんか特に、2回ぐらい新公で主演したって路線から外れていってしまう人もいるし、何が起きるかは本当に分からないから、私は星蘭さんに期待しつつ、見守りたいと思いますね~。

 がんばれ~!!!


にほんブログ村