宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

来年のタカラヅカスペシャルには出てほしい人!

 今度の年末のお話ではなく、来年の「タカラヅカスペシャル」には絶対出てほしいなと思う人。

 それは、蓮つかささんでしょう!!!

 まあ、改めて書くまでもなく、このままいけば来年はメンバー入りしてるのかもしれませんが、今年のメンバー選びについても、ちょっと思うところがあったので、書きたいと思います。

 タカラヅカスペシャルに関する第一のハードルは、まず出演すること自体が狭き門ってことですよね。出演すること自体に価値があるというか、劇団にある程度認められたスターの証っていう感じがあります。

 で、第二のハードルは、その選ばれしメンバーの中で、どれだけ目立つ出番があるかってことです。3人で歌うときにも、劇団が期待をかけてそうなイケてる3人のメンバーに入ってるのか、それとも別格扱い的なメンバーに入ってるのか、後ろに大勢で出てきて歌ったり踊ったりしてるような感じなのか。

出番&スターのバランス

 私が思うに、タカラヅカスペシャルっていうのは、わりと男役の祭典っぽいところがあると思います。

 娘役で目立った活躍ができるのはトップ娘役ぐらいで、そのほかの娘役さんたちは、ほとんどが、本公演ではこんなもったいない使い方しないだろーっていうような、後ろで歌ったり踊ったり、あんまり目立たない出番で終わってしまうことが多い気がします。

 男役さんのほうが、若手であっても、ちょっと短くワンフレーズ歌ってみたりとか、そんな出番がある気がする。

 というわけで、若手の娘役さんのタカスペでの出番はあんまり多くない。

 だけど今年、「もうこの人出ちゃうんだ!」って思うような、若手の娘役さんが複数メンバー入りしていらっしゃる。まあ、それは別にいいんです。その娘役さんたちの中に、私の好きな娘役さんも入ってるし。

 でも、だったら蓮つかささんも出してよーと、私は言いたい。

 バランスおかしいでしょー。誰が決めたんだよ~。

 だって、この間の新人公演の映像見たって、素人目に見ても、蓮つかささんと、風間柚乃さんは、頭ひとつ抜きん出たスターの存在感があったと思うんです。

 風間さんは、新公の主演がまだなので、タカスペ出演のチャンスはこれからでしょうが、蓮さんは出しちゃってよかったんじゃないの。というか、出してほしかった。

 来年こそは!! 「たのんだよ、メンバー決めてる人!」と言いたいですね(笑)。

 それではまた。


にほんブログ村