宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

「ベルリン、わが愛」の感想


 少し前に、「ベルリン、わが愛」を見てきました。

 最近バタバタしてタカラヅカニュースも全然チェックできていなくて、予備知識もなく、特に期待して行ったわけでも何でもなかったんですが、、、

 面白かったです!!

 私は好きです、今回の星組さんの作品。

良かったです♪

 前回がスカーレットピンパーネルで、作品自体の人気とお披露目ムードに助けられている部分があったと思うので、今回はどうなるのかなー、新生星組って、案外今回の作品で評価されたりするのかなーと思ったりしていたんですが、予想外に良かったので、私としては新鮮な驚きがありました。

 紅さんは、ときどき台詞回しが紅節っぽく感じることもありましたけど、今回も演技中に涙していたり、作品にガッツリのめり込んで演じている感じがして、好感が持てました。

 今回みたいなお笑い要素の少ない役も、すごく似合いますよね。私はパーシーのときよりも、今回の紅さんのほうが好きかも。紅さんを中心に、組のみんなで作品を作っているっていう感じもありました。

 あと、今回は三井住友VISAカードの観劇会だったんですが、最後の挨拶のときに、ショーで言ったVISAネタの冗談がちょっとスベっちゃったかも、とか言ってみたり、星組を猛プッシュしてたりしている姿がなかなかキュートで、可愛らしかったです。魅力的だなーと思いました。

 綺咲さんは、ちょっと出番が少ないような気がしましたけど、綺麗だったし、スタイル的に紅さんとの並びもいい感じだったので、トップコンビとしてはいい感じなのかなーと思いました。

 礼さんは、前回のスカーレットピンパーネルのときよりも、ああ、ほんとに二番手になったんだーっていう感じがして、なかなか感慨深かったです。礼さんみたいな歌えて踊れる人が二番手だと、作品に厚みが出ていいですよね。

 お芝居では、もうちょっと歌っても良かったのに、もったいないなーと思いました。

 ショーのほうでは、髪型(リーゼントみたいなやつ?)がキマってて、カッコ良かったです。

 ほかにも、七海さんのこととか、天寿さんのこととか、いろいろ書きたいんですが、長くなっちゃいそうなので、また今度にしたいと思います。

個人的ツボ

 あと、ショーで、個人的にちょっと笑っちゃったのが、「夜霧のモンマルトル」だったんですけども。。。

 だって、白いマフラーみたいなのをした紳士の数が多すぎて、そのお揃い感にフランス人もビックリだろーと思ったら、ツボに入ってしまい、肩を震わせながら必死に笑いをこらえました。

 いい場面なのに。ちゃんと見られなかった。

 あの曲のときは、わりとああいう紳士が出てくるのが定番なんですよねぇ?、宝塚では。あそこで笑ってちゃ、宝塚ファンとしてまだまだなんだわ、きっと。修業が足りないんですね。反省です。

 それではまた。