宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

宝塚のライブビューイングに行ってみたいかも! ~花組博多座の話を聞いて~

これまで、舞台はやっぱりナマで見なきゃー!

とか、

映像だったらスカイステージで見られるしね♪

と思い、行ったみようかなーともあまり思わなかったライブビューイング。

それが、この前花組さんの博多座公演『あかねさす紫の花』『Santé!!』をミッドタウン日比谷で見てきた知人の話を聞いたら、なんか俄然行きたくなってきた!

というか、わたしも見たかったよ博多座公演! 

もしかして、これまで食わず嫌いでライブビューイングに興味を示さずにいたけど、ちょっと損してたんじゃないの、わたしっ!!ぐらいに思えてきました(←思い込みが激しいタイプです、笑)。

すっっごく良かったって!!!

とにかく、読んで字のごとく、すごく良かったらしい。

(以下は、興奮気味、血圧高めな感じで読んでください)

「すっごいアップで見えるんだよ! 劇場だとあそこまでアップにならないじゃない?!」

そうなんだー。タカラジェンヌの皆さま、ライブビューイングの日は劇場スクリーンにすんごいどアップで映されてるみたいですよ。

「お化粧もすごいよく見えて、日本物のお化粧で、柚香さんは鼻のところ(鼻たてのことだと思われる)をちょっとぼかしてるんだけど、明日海さんはあんまりぼかしてないのっ!」

おー。それは重大発見だ。わたしもお化粧のこだわりとか見るの好き。

「仙名さんも上手だったよー。お上手なのよ、あの方は(←急に敬語)。こういう衣装着てて(さかんに足の付け根のV字を示し、コマネチのポーズ)、すごかったのよー!」

そっかー、たおやかな時の仙名さんも好きだけど、ちょっと迫力出したときの仙名さんもいいよねー。それは見たかったなー。

「それでね、もう千秋楽近かったから、衣装の汚れまで見えるのよ(もう感激っ!と言わんばかりの口調)」

あー、衣装の汚れは、わたしは別に見なくていいかなー(笑)。

まあ、電車で知らないオッサンの汗が飛んできたらちょっとイヤだけど、スターの汗ならいいわ、みたいなのってありますよね。成分は同じなのにねー。

シートがいいらしい!

今回知人は、どうやらプレミアムラグジュアリーシート?とやらで見たらしい。

プレミアムかつラグジュアリーって、盛ってるなー、ネーミング。

「隣の人との間に間隔があるんだよ。それでね、顔の近くに衝立みたいなのがあって、隣の人とか全然見えないのっ」

えー。じゃあ誰かと行ってもあんまり関係ないんだ、と聞いたところ、もうめっちゃ集中して見れていいのよ、というお答え。

わたし、映画館に行くと、あたしの飲み物は左右どっちのホルダーを使えばいいわけ?って迷うんです。周りの人の使用状況で、右だったり左だったりするじゃないですか。

「あのねえ、そういうのもない」

結構独立したシートっぽく感じるみたいです。

「あと、シートがリクライニングして、頭のとこにもクッションがあって、すごい良かったよ」

って、どんだけリラックスして見たいんだよっ!

っていうか、宝塚見るのにリクライニングしてリラックスとか必要?(笑)。

わたしはどっちかっていうと、アドレナリン出して見たいわ。

劇場で前ののめりになると怒られるけど(←やりませんよ)、気持ちは常に前のめり、みたいなね。

でも、シートがいいと腰が痛くならなそうでいいかも。

建て替え前の日本青年館とか、腰的にムリかなーっていう気がしましたからね。

というわけで、今度行ってみたいかも、と思いました!