宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

ショーの最後はやっぱりデュエットダンス!

スカイステージで、久々に朝海ひかるさんと、舞風りらさんのデュエットダンスを見ました! 『レ・コラージュ』です。懐かしいっ!!

そして、ほんとうまいですね。このトップコンビはダンスのお手本みたいでした。

映像を見ていて、カッコイイ朝海さんのダンスと、妖精のようなりらちゃんに、しばし癒やされました。

樹里さんの歌も、伸びやかで、すごく印象的な場面だったんじゃないかと思います。

実はわたし、ショーの最後のデュエットダンスが大好きです。いつも猛烈に楽しみにしてます。

お寿司やさんに行くと、いつも最後に手巻きのネギトロを頼むんですが、一番大好きなものが、最後にトリとしてドドーンと登場するっていいものですよね。

 

デュエットダンスが好きだー!

宝塚を最初に見たときから、デュエットダンスが好きでした。

わたしが初めて宝塚を見たころは、最後が三組デュエットのときも結構あって、それも好きでしたねー。

選ばれし精鋭たちが踊っているっていう特別感があったし、ショーの最後に舞台が特別な空気感に包まれてる感じがしました。

これまで、いくつもデュエットダンスを見てきたけど、すごく印象に残っているものと、そうでもないものが、わりとはっきり分かれています。

男役さんの包容力&ダンス力が見どころ

デュエットダンスって、あの広い舞台に2人しかいないじゃないですか。

やっぱり、そこは男役さんの包容力と、伸びやかでダイナミックなダンスが見たいですよねー。その点、男役さんがダンサーだと、やっぱりキマりますよね。

昔でいうと、大浦みずきさんかな。

最近だと蘭寿さんの『オーシャンズ11』のときのデュエットダンスも、カッコ良すぎてため息が出そうでした。録画して、何度も見てしまった。たぶん、高性能カメラで連写しても、どのコマの蘭寿さんもキマっていると思う。

ちなみに、紫吹淳さんと柚希礼音さんは、わたしはデュエットダンスよりもひとりで踊ってるときのほうが好きだった(笑)。

相手役さんも良かったとは思うんですけど、なんかひとりで舞台いっぱいに踊ってるのを見たかったんです、このふたりに関しては。

ふたりとも、燕尾服を着崩してもカッコイイ、もう何をやっても仕草ひとつでもカッコイイのよ、みたいなところがあって、もうそれだけを集中して見たかったんだな、たぶん。まあ、わたしの場合の話ですけどね(笑)。

娘役さんでデュエットダンスといえばこの人!

娘役さんでデュエットダンス映えしたのは、やっぱり圧倒的に白城あやかさんでしょうねー。どうしてあんなに綺麗だったんだろう。

これまでステキな娘役さんはいっぱいいたけど、何年経っても、あの白城さんのデュエットダンスの美しさを超える人はいない気がする。

花總さんもすごく美しかったんだけど、花總さんは娘役としての佇まいとか、気品とか、衣装の着こなしとかが素晴らしかったと思うんですよね。

白城さんのデュエットダンスは、ダンスのテクニックとかそういうことじゃなくて、もっとこの人のこと見ていたいって思わせる、不思議な魅力があったと思います。

夢のような世界を見せてくれる娘役さんだったな~。

白城さんの、『パパラギ』の「心はいつも」、最高でした。

昔の話ばっかりになっちゃったけど。

またハっとするようなデュエットダンスが見たいです。