宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

『カサブランカ』大空祐飛さんのリックはやっぱり最高


スカイステージで数日前に放送していた『カサブランカ』を見ました。

大空さんのリックを見るのは久しぶりだったんですが、やっぱりすごくカッコ良かった!!

こんな男性は現実にはいない(笑)。しばし、大空さんのリックに酔いました。

大人だわー

男役さんにも色んなタイプがあると思うんですが、大空さんみたいな、大人の洗練を感じさせる、シブさが光っている、そういう男役さんは、なかなかいませんね。

イルザじゃなくても惚れちゃうよねー、と思いました(笑)。

周りの女性からモテモテなのに、本人はたった一人の女性しか見てない、実は一途っていうところが、たまらないですね。大空さんのリックは本当に魅力的です。

あと、フィナーレナンバーの蘭寿さんとの絡みも、大人の雰囲気があってステキ。

イルザはやっぱり野々さんですね。声と表情が好きです。心の琴線に触れるような演技だなーと思いました。

北翔さんのルノー大尉を見るとせつなくなる

あと、この作品でルノー大尉を見ると、わたしはせつない気持ちになるんですよ。

わたし、ファンだったんです、北翔さんの。唯一ファンレターを書いたことがあるスターさんなんですよ。

この作品で、腹の出たオッサン、ルノー大尉を演じて、しばらくして北翔さんは専科に行くことになるじゃないですか。あのオッサン役が上手すぎたからかしら。。。とか、当時はすごく、ものすごく心配したんですよねー(まあ、それだけが理由ではないと思うんだけど、ファン心理としては、いろいろ思うわけです)。

ヴィクター・ラズロを演じた蘭寿さんは、そのままカッコいい路線を突き進み、花組に組替えしてトップになりましたけど、北翔さんは、この後ほんとうに色んなことがありました。自分のことじゃないのに、走馬燈のようにいろんなことを思い出すのはなんでだろう(笑)。

大和さんがトップだったころは、役替わりしたりして、そんなに立ち位置の違いを感じさせなかった蘭寿さんと北翔さんが、大きくそれぞれ違う道というか、違う路線に進んだ、一番最初の分かれ目が、この作品だったような気がしてならないですね。

北翔さんだけでなく、応援していたスターさんが、組替えとかあると、ほんとに衝撃を受けますよねぇ。

最近だと、芹香さんが宙組に組替えしたのが大きな人事異動だったのかな。

ファンの方はびっくりしたり、いろいろだったと思いますけど、わたしはこの前の宙組公演を見て、芹香さんは宙組に移動してよかったんじゃないかなと思いました。そう思わせてくれる活躍をしていたと思います。

あと、大空さんに『カサブランカ』、珠城さんに『All for One』を書いた小池先生は、やっぱりすごい人だなーと、思いました!