宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

星蘭ひとみちゃんの新公インタビューを見て

星蘭ひとみちゃんの新公インタビューを見ました。

綺麗だなぁ、話し方も楚々としているけど、語尾も曖昧にしたりしないでキリっと話してて好印象だな-と思いました。

キャピキャピしすぎていない、気品みたいなのがあるのかな。これは、宝塚の娘役としては、結構貴重なんじゃないですかね。「気品」って。

ネットで見ていたら、星蘭ひとみちゃんと、オードリー・ヘップバーンの画像が並べてあるのをいくつか見かけましたけど、全然似てないやつもあったけど、ああ、凜とした雰囲気がちょっと似てるのかなーというのもありました。横顔かな?!

楽しみ!

星蘭さんっていうと、音楽学校時代の成績が気になるっていう話を聞いたりしますけど、その点に関しては、檀れいさんが新公ヒロインやって、何をそんなに急ぐんだ?!みたいなスピードで真琴つばささんの相手役になったときのほうが、衝撃度は大きかったですね。なので、わたしはあんまり、星蘭さんの成績はあんまり気にならないかなー。努力とか成長って、まだ全然あると思うし。

檀れいさんは、トップ娘役になってから、たぶん相当努力をされて、歌がだんだん上達してきたのかなーという印象を受けました。当初は、歌うときはハラハラして見ていたけど(何を聞いても驚かないぞー、と肝っ玉を大きくする感じで聞いていた)、気がついたときには、あれ?なんか前より歌えるようになってる、と思った記憶があります。今ではすっかり、すごい女優さんですね。演技力や舞台度胸があるところ、努力家なんだろうなーっていう印象は、変わらないですねー。

星蘭さんの歌は、そこまでハラハラするほどじゃない気がしました。舞台度胸もありそう。『スカーレットピンパーネル』のときのルイ・シャルルも良かったと思うので、期待の娘役さんなんじゃないかなーと思っています。新人公演のヒロインも、今回で2回ですしね。

最近の星組は、なんか楽しそうですよね。みんな生き生きして見えます。紅さんの人柄がそうさせるのかなー。楽しみな組になってきたような気がしました!