宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

愛希れいかさんの好待遇&劇団からの愛され度

『サントダムール』の初日映像見ました!

娘役さんの、お芝居での単独主演。すごーい。やりましたね!!

しかも、気づいてなかったんですけど、バウホールのライブビューイングは今回が初なんですね。バウホール史上初のライブビューイングって言われると、なんかエライこっちゃみたいな気持ちになります。いろいろスゴいです、愛希さん。

そして、スカステでミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』もやっていて、そっちも思わず見てしまった。

『Wonder of Love』はちょっと前の作品ですけど、カッコいい男役さん4人に囲まれて、真ん中に立つ姿がサマになってます。愛希さんは、真ん中に立っても、空間を埋められるような存在感がありますよねー。

以下、『Wonder of Love』をスカステで見た感想です。

『Wonder of Love』

こちらの作品、ご本人たちも言ってますけど、かなりハードに踊っていて、生徒さんたちの汗だくな姿に見ているほうもビックリ(笑)。

オープニングの時点であんなに汗が出てるって、すごいですね。だから太らないのかなー、なんて思ってみたり。

稽古場で共演する男役さんとトークしてるときは、ちょっと控えめな感じもしましたけど、稽古中の様子や舞台上では一気に生き生きして、水を得た魚のようだなーと思いました。

愛希さんの魅力

愛希さんって、可愛らしい雰囲気も出せるんだけど、時折見せるダイナミックな動きに、娘役の枠にとらわれないスケールの大きさを感じます。

手足が長くて伸びやかなので、踊ってる姿をずっと見ていたいような気持ちにもなるなぁー。

あと、演じる人物を通して、こっちにパワーを送ってくれるような、そんな明るさというか、エネルギーを感じました。わたしは愛希さんの、そういうところが一番好きだな。

犬のぬいぐるみ(←トト?)と出てくる夢見る女の子のシーンも、ダサ可愛さがたまらないです!

こういうシーンもすごく上手だし、マリー・アントワネットとかを演じると、堂々とした貫禄も出せるんですよねー。

『Wonder of Love』の一番の見どころは、やっぱりタンゴのところかなー。登場しただけで、「おぉー!!」と、オッサンみたいな感想を言ってしまった。

何だろう、役をとらえて、表現するセンスがいいのかな?! うまく言えないけど。勘がいいっていうか。

男役から転向した娘役としては、近年で一番成功した人だという気がしますね。

『アリスの恋人』で明日海さんの相手役をしたときは、カワイイとは思ったけど、こんなビックな娘役さんになると思っていなかったなー。

スポンサーリンク

 

劇団からも愛されてる気がする

何の公演のコメントか忘れてしまったんですけど、小池先生からも、すごく期待されて、評価されているんだなーと感じたことがあります。

『Wonder of Love』も、今回の『サントダムール』も、娘役でこんなに真ん中に立つ機会を与えられているっていうのは、異例ですよねー。

同じトップ娘役でも、ここまでの機会は与えられない人のほうが多い気がする。

劇団から、すごく愛されてるスターっていう感じがします。

エリザベートでの退団を考えるとさびしいですけど、小さくまとまらないでこれからも活躍する姿を見せてほしいなーと思いました!