宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

久々に見た朝夏さんの泥棒紳士がカッコいい『Amour de 99!!』


『Amour de 99!!』が放送されているのを見ました。

懐かしい~!!

いい場面がいっぱいあるショーでしたよねー。

「グラナダ」を歌う凰稀かなめさん

「グラナダ」の場面は、曲も場面の雰囲気もカッコ良いですけど、何より凰稀さんの、

「オーレ!」

これですよ!!

何ていうんでしょうね、かけ声っていうより、ちょっとささやくような、つぶやくような、そんな息の抜き加減がすごいセクシーで、眠気が吹っ飛ぶレベルのカッコ良さです!

男役さんは、そういう「オーレ!」「ハっ!」「フォ!」みたいな、そういう一言で、劇場いっぱいの観客を魅了しなきゃいけなくて大変ですね。

凰稀さんのは、お手本みたいなカッコ良さだわと思いました。

パイナップルの女王が美脚すぎる

凰稀さんのパイナップルの女王が美脚すぎて見とれました。

わたしの中で、美脚のトップさんは、紫吹淳さんと凰稀かなめさんですね。

ダントツです。

泥棒紳士の朝夏さんに見とれる

このショーで大きな見どころだったんじゃないかと思う、「パッシィの館」の場面。

朝夏さんの洗練された動きが素晴らしくて、場面も宝塚らしさがつまっていて、うわーと思いました。

一緒に踊る実咲さんがうらやましい(笑)。

 見れば見るほど美しい実咲さん

このショーでも大活躍の実咲さん。

プロローグから、宝塚の娘役らしさ全開で、歌もうまくて可愛いです。

こんなに可愛いのに、凰稀かなめさんの相手役だったときは、なんかトップ娘役なのに不遇な感じが常にありましたね~。

このショーでも、凰稀さんが女役の緒月さんと組んだりしてましたけど、でも実咲さんも、「TAKARAZUKA FOREVER」の曲で凰稀さんとデュエットダンスしていたり、いい場面はあるんですけどねー。なんとなく、熱愛感が足りないっていうか何ていうか。どこか冷めた感じがするような気がしてしまいましたね。

でも朝夏さんと組んでからの活躍はさすがでしたし、『エリザベート』もやったし。すごい娘役さんだったと思います!

それにしても、95期って、「エリザベート」でタイトルロールを演じる娘役さんが2人も出るってすごい。次は愛希さんですね。