宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

聖乃あすかさんへの期待 城妃美伶ちゃんの今後


花組『ポーの一族』の新人公演スカイステージトークを見ました。

聖乃さんは、今度の『メサイア』でも続けて新公主演が決まっているし、花組の男役スターとして育っていくんだろうなーという感じがします。

城妃美伶ちゃんは、組替えしてきたばかりで花乃まりあさんがトップ娘役だったころにものすごく勢いがあった印象で、今はヒロインも一通りやって、落ち着いてしまったというか、下級生の娘役さん(華優希ちゃんとか、舞空瞳ちゃん)に押され気味なのかなーと思っていましたけど、今回の映像を見ていて、あー、やっぱり上手なんだなーと改めて思いました。

 正統派スターの予感 聖乃あすかさん

美形で、ほんわかしていて、誠実そうで、だけど男役をするとバリッとカッコいい、というところが、なんとなく明日海さんに通じるものがあるような気がします。

目鼻立ちの美しさが横顔からも伝わってくるようで、見とれてしまった。

あと、やっぱり声ですよねー。声がきれい。

それでもって、なんて感じのいい話し方をするんでしょうね、聖乃さんは。若いファンの方もいっぱいいると思うけど、年配のファンの方にも好かれそうな、守備範囲の広いスターになりそう。

花組育ちの正統派男役に育ってほしい生徒さんだなーと思いました!

 城妃美伶ちゃんの立ち位置

花組に組替えしてきたときは、将来的にトップ娘役に育てるつもりで移動してきたのかな、という印象だった美伶ちゃん。

あれからずいぶん時間は経ちましたけど、新人公演のヒロイン5回をやって、『ポーの一族』ではエトワールもやって、経験を積みかねてきた実力のある娘役さんっていうのは間違いないですよねー。

正直、『ポーの一族』のマーゴットは、キャラクター自体がいわゆる、こまっしゃくれたというか、生意気で気の強そうな、いやーな女の子みたいな感じで、あんまり共感できるキャラクターじゃなかった。

でも、客席にそういうキャラクターがちゃんと伝わっていたっていうのは、美伶ちゃんの役作りが成功しているってことですもんね。

このときは、華優希ちゃんが透明感のあるメリーベルで注目されていたこともあって、美伶ちゃんはもう、ヒロイン路線からベテラン娘役路線になっていくのかなー、なんて思っていたんですよね。

でも、新公のシーラはすごく綺麗だったし、大人っぽい女性もちゃんと演じられることが証明されて、シーラに美伶ちゃんを選んだ劇団の判断は、なかなかナイスだったんじゃないかという気がしてきました。

トークも良かったですよ。正直で。

美伶ちゃん、今回の新公は、長の期でもあるし、自分は老ハンナの役かなって思っていたらしい。そうしたらシーラだったからビックリしたっていう話なんですけど、聞いてるこっちもビックリ。

そうか、美伶ちゃんは、自分は老ハンナあたりの役が回ってくるかなって、思っていたのか、、、と。

わたしの印象では、今の立ち位置的には、月組の海乃美月ちゃんみたいに、ヒロイン経験がいっぱいあって、トップ娘役になるかなーと思われながら結構時間がたっていて、でも上手だし、っていう。

学年が上がってきているので、トップ娘役就任のチャンスも、だんだん限られてきているんだろうなーとは思います。

でも、応援したい娘役さんですね。美伶ちゃん、がんばってー!!!

本役の明日海さん、仙名さんがものすごくいい人たちだ、というお話

聖乃さんは、明日海さんが、細かいことまでいろいろ教えてくれて、っていうお話をされています。うん、なんとなく想像できそう。

美伶ちゃんは、仙名さんがおうちに呼んでくれて、ダメ出し会をしてくれた、というお話をしています。スゴすぎませんか、ダメ出し会。本役のトップ娘役さんが、下級生にそこまでしてくれたっていう話は、わたしは初めて聞きました。

親身にアドバイスする仙名さんの姿が目に浮かびます。忙しいだろうに、ステキすぎる!

花組さんは、トップコンビがとてもいい人たちだ!という印象も、すごく感じたトーク番組でした!