宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

美園さくらちゃんの新公エリザベート 月組次期トップ娘役について思うこと


次期トップ娘役決定後の感想はこちら

月組トップ娘役に美園さくらちゃん! 

月組さんの『エリザベート』、新人公演で美園さくらちゃんがエリザベートを演じることが発表になってますね。

さくらちゃんというと、『1789』の新公でマリー・アントワネットを演じたのが印象的ですが、このときは、トップ娘役の役ではあるけど主人公ロナンの相手役じゃなかったし、その後の新人公演でもしばらくヒロイン役がまわってこなかったので、さくらちゃん、上手だけどトップ娘役路線じゃないのかなーと思った時期もありました。

それが、ここにきて急に、『Arkadia』のバウヒロイン、『カンパニー』の新公ヒロイン、『雨に唄えば』でヒロイン。そして今度の『エリザベート』ですよ。しかもエトワールもするんですね。

すごいフィーバーぶり。突然やってきた爆上げです。何があったの?!

さくらちゃんの周りで何か起きてるような、そんな印象。

月組でトップ娘役に近い位置にいたのは早乙女わかばさんと海乃美月さんという時期が長かったので、今の展開が早すぎて正直びっくりというか、まだ状況が飲み込めていないような、そんな感じもあります。

新人公演でエリザベートを演じた花乃さんを参考にしてみる

以前、花組で『エリザベート』が上演されたときも、トップ娘役蘭乃はなさんの退団公演でした。

このとき、次のトップ娘役になった花乃さんは、本公演で女官とエトワール、新人公演がエリザベートでした。

次の次のトップ娘役になる仙名さんは、このとき本公演でヴィンディッシュ嬢。

今回のさくらちゃんの配役は、花乃さんとびっくりするほど同じです。エトワールのところまで。さくらちゃんは歌がうまいので、エトワールというのは、まあ納得といえば納得ですが。。

海乃さんは、本公演でヴィンディッシュ嬢ですね。これまでヒロインを多く演じてきた経験があって『THE LAST PARTY』のゼルダも、さすがの出来栄えだったんじゃないかと思うので、今度のヴィンディッシュ嬢も期待してます。

短い場面かもしれませんが、エリザベートの心の内側に触れられるような印象的な場面だし、わたしは好きです。あの場面の歌も好き。

さくらちゃんに対する印象

わたしはさくらちゃんに注目するようになったのは、スカイステージでやっていた『うたごころ』という番組に風間柚乃さんと一緒に出演したときです。

このとき、さくらちゃんは絢香さんの「にじいろ」をひとりで歌って、それから風間さんとデュエットで、スコットランド民謡の「広い河の岸辺」を歌ったんですけど、それが、ものすごく上手かったんですよ。

眠気が吹っ飛ぶくらいのレベル。歌声が伸びやかで、娘役っぽい発声だけじゃなく、おそらくいろんな歌を歌いこなすことのできる実力があるんじゃないかと、このとき思いました。

パッと見た感じの印象は、咲妃みゆちゃんとか華優希ちゃんみたいな娘役らしいフワっとした感じは、あんまりしないかな。。。しっかりしてそう、というか、ツンとすまして見えてしまうようなところがあるのかも。

でも、これも前から思っていたことなんですけど、月組でその昔娘役トップだった、こだま愛さんも、そんな感じの雰囲気があったんですよね。『ME AND MY GIRL』で初代のサリーだった方です。

こだまさんも、歌が抜群に上手かったんです。ついでに踊りも演技も普通レベルをはるかに超えてうまかった。ちょっと顔が丸かったかもしれないけど、あまりにも実力があるので、大人っぽい役も余裕でこなせる娘役さんでした。

好みってあるので、いろんな意見があって当然だと思うんですけど、トップ娘役の候補、という意味では、さくらちゃんの存在感が増してるっていうのは、ひとつ言えることなんじゃないかなーと思いました。

海乃美月さんについて思うこと

月組の娘役で、トップ娘役に手が届きそうなところにいる娘役さんとして、海乃美月さんがいます。『1789』でヒロインを演じたのが2015年だと思うので、かなりの期間、月組を代表する娘役として活躍してますよね。

ここまでさくらちゃんのことを書いておいてなんですが、この間『カンパニー』を観劇したときは、海乃美月ちゃんの活躍がすごく目立っていたし、演技のうまさが光っていたと思います。良かったですよね、あの瀬川由衣さんの役。

ついこの間のゼルダの役もそうですが、娘役として安心して見ていられる、安定感があると思います。

仙名さんの活躍でも思うことですが、「男役10年」っていうだけじゃなくて、娘役でも経験の積み重ねで得られる、娘役としての幅とか、深みみたいなのってあるんだと思います。

仙名さんのときも、頑張っている人が報われてトップになるっていう姿に、なんか気持ちが晴れ晴れするような、すがすがしさを感じました。

宝塚の人事って、劇団の体制として仕方のない部分もあるんでしょうけど、わりと頑張ってる人が報われないことが結構あるので、北翔さんとか仙名さんとかの活躍っていうのは、余計に嬉しいですよね。

トップ娘役の人事は読めない そして予想するのも酷だなと思う気持ちも

結局のところ、海乃美月ちゃんにも美園さくらちゃんにも、どちらにも良さがあるんですよね。

宙組で伶美うららさんと星風まどかちゃん、どっちがトップ娘役になるか、みたいなときも、こんな感じだったと思います。

『天は赤い河のほとり』を見たときに思ったのは、まどかちゃん、頑張ってるのは伝わってきたし、歌もうまくて良かったんですが、ちょっと年の差カップルっぽくて、このふたりの間で恋愛模様が起きるというのが、ちょっと想像できないというか(←すみません!)、リアル感に欠けるかなーと思ってしまった。

そう考えるとビジュアル的には、真風さんと伶美さんの並びは美しかったけど、その場合は歌がどうかな、とかね。。。

いろいろあります。どう転んでも、結局いろいろあるんですよね。

なので、トップ娘役の人事は、男役のトップさんとの兼ね合いもあるだろうし、娘役さんにもみんなそれぞれいいところがあるし、劇団が何考えてるのかもわからないので、結局よくわからない、というのが結論です(笑)。

こんなに長々書いといてスミマセン。ファンは劇団の発表を待つしかないってことですね。というわけで、しばらくおとなしく待とうと思います。