宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

宙組『A Motion(エース モーション)』梅田芸術劇場公演

  

 エースモーション、梅田芸術劇場での公演が終わりましたね。

 私はスカイステージの映像しか見られなかったけど、映像を見ていて、朝夏さん、退団を発表されているけど、まだもっといろんな朝夏さんが見たいよな~と思いました。

 退団を発表されると、何かみんな、急に一皮むけたみたいな、生徒さんの良さがぐっと前に出てくるような感じがするんですけど、どうしてなんでしょう。

 映像を見ただけだけど、何となく思ったことを書きます。

 

朝夏まなとさん

 カッコいいです。何を着ても似合う。足が長い!

 歌もダンスもできて、おおらかな雰囲気もあって、やっぱり、退団は惜しいなぁと思ってしまった。

 『ME AND MY GIRL』も歌ってる!

 パーシーかビルか、どっちかだけでもやらせてあげたらよかったのにー!!

 と、勝手ながら思いました。どちらも明るい作品ですよね。似合ってます。

 退団公演は、『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~ ですね。

 たぶん朝夏さんのことだから、ロシア貴族の格好もすごく似合うと思う。

 似合うと思うんだけど、私、個人的には、ロシア革命のころのお話って、ちょっと怖いんですよね。

 ラスプーチンが出てきたり、皇帝一家は惨殺されちゃったりするし。。。

 そこら辺のところは、演出の先生が宝塚っぽくドラマチックにアレンジするんでしょうけどね。ポスターは、何か寒そうで深刻そう。。

 ショーの『クラシカル ビジュー』は、「伝統的な男役の美しさを体現する朝夏まなとの魅力を最大限に味わえるレヴュー」って書いてあるし、楽しみです!!

 「稲葉先生、頼んだよ! ↑の約束守ってね」という気持ち(笑)。

 

愛月ひかるさん

 近頃一段と、スターになったというか(前からスターですけど)、押し出しが強くなったというか、スターとしての存在感みたいなのが、際立ってますね。

 踊っているとき、すっごく長身で迫力がありますけど、173センチなんですね。なんか、もっと大きく見えるなー。

 真風さんもいらっしゃるので、時期は結構先かもしれませんけど、将来的に、宙組初の生え抜きのトップになるのはこの人かもしれない、と、ふと思いました。普段、あんまりそういうこと考えて見てないですけどね。

 愛月さん、男役としての見せ方がうまくなったのかな。

 今、すごくノってると思います。

 

伶美うららさん

 この方も、今後トップ娘役になるのか、ならないのか、ファンをやきもきさせていますよね。

 今回は、「めっちゃホリディ」を不思議な髪型で歌っていらっしゃって、そんな場合か?(美女封印?)と思う反面、小さくまとまらないで、ちゃんとこういう場面でしっかりはじけてるところが、この方の良さなのかな、と思ったり。

 朝夏さんとか真風さんとか、宙組の男役さんたちと並んだときの雰囲気もいいですよね。

 そうなると、「歌」のことが頭をよぎり、何とか歌のキーをどうにかするとかで(よくわからないけど)、何とかならないのかなーと、思ったりします。。

 でも、これまでのトップ娘役さんでも、誰とは言いませんが、場面をぶっ壊すぐらいの歌を歌ってる方は、結構いらっしゃいましたよね。

 伶美さんは、これまで宙組を第一線で支えるスターとして、すごく組に貢献してきたっていうのは事実だと思うので(特にお芝居とか)、そういう努力が認めてもらえるといいのになーと思ったりします。『翼ある人びと』のときも、すごく綺麗だった。

 個人的には、『銀河英雄伝説@TAKARAZAKA』でユリアンを演じたときの伶美さんが好きでした。キリっとしていて、美形の若手男役スターみたいだった。もう少し身長がズバーンと高ければ、男役としてもスター路線に乗っていたんじゃないか、という気がしたりします(想像だけど)。

 ユリアンはいい役でしたよね。私は元々原作のファンだったので、全部読んでいるんですが、最終的にはラインハルトもヤンもみんな死んでしまって、ユリアンの時代になるんですよね。まあ、その話は今はどうでもいいけど。

 星風まどかさんも好きだし期待しているんですが、まだ若いというか(わりと童顔のように思うので、余計に)、星風さんは、まだまだいろいろな経験を積んでからでも、十分にチャンスがあるっていう気がします。

 私の勝手な意見をつらつら書きましたが、男役さんのファンからしたら、また違う目線になるのかもしれないですね。応援してる男役さんがいたら、やっぱり相手役は、それなりに歌える娘役さんがいいと思うかもしれない。

 うーん。考えたところで、決めるのは劇団ですけどね(笑)。

 

 『A Motion(エース モーション)』、東京での公演も楽しみですね!


にほんブログ村