宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

明日海りおさんに4人目の相手役は来るか


『CASANOVA』の先行画像が出ていましたね。

あの明日海さんの表情ったらもう、やばーい。芳醇な色気が出まくってます。

ときどきショーで、ああいう表情するときありますよね。

ちょっとぐいぐい攻めてる感じのときに。

いやー、思ったよりも色っぽい先行画像でびっくりしました(笑)。

仙名さんの肩のはだけ具合や髪の毛の落ち具合も、なんともセクシー。

カサノバって、紫苑ゆうさんの退団公演でもやっていましたけど、あのときはもうちょっと、貴公子っぽさとかゴージャスさが前面に出ていたような気がしますね。

今回は、紫苑さんのときよりも、お色気が濃厚な感じがします。

先行画像のイメージだけの話ですけど。

攻めてる感じで楽しみです!!

癒やし系の明日海さんもいいけど、ぐいぐい迫ってくる系?の明日海さんもたまらないですよねー。

仙名さんに添い遂げてほしかったけど

この先行画像を見ても思うんですけど、わたしは本当に、仙名さんには明日海さんに添い遂げてほしかったんですよねー。

こういう先行画像みたいな大人っぽい雰囲気は、なかなか若手の娘役さんには出せないんじゃないのかな。

残念すぎる。。。

わたしは花組で『CASANOVA』を上演するって聞いたときに、もしかしてトップコンビのさよなら公演になるのかなーと予想していたんですが、どうやら退団するのは仙名さんだけっぽいですよね。

わたしの予想は当たらないってことが証明されました(笑)。

スポンサーリンク

 

4人目の相手役か、やもめか

それで、巷では明日海さんのもとに4人目の相手役がやってくるのか、それとも朝夏さんのときみたいに「やもめ」でいくのか、っていうのが話題になってますよね。

宝塚ファンの間では、トップ娘役さんに先に去られてしまったトップさんを、「やもめ」っていうんですねぇ。。。

これって、いつ頃からそう言われるようになったんだろー。

なんか、この「やもめ」っていう呼ばれようが、なんとも哀愁がただよう感じがして、イメージ的にどーなのよって思うんですけど(笑)。

寂しい感じがしちゃうじゃないのー。

実際、朝夏さんのときも瀬奈さんのときも、やっぱりなんとなく、寂しい感じがしたんですよねぇ、わたしは。

普段の宝塚の舞台って男役中心だし、娘役は添えものっぽくなってしまうときも多いのに、それでもトップ娘役っていうポジションが空白になってしまうと、とたんに寂しい感じがしますね。

怜美うららさんとか、トップ娘役に相当近い位置にいた娘役さんがお芝居の中心を担っているときでも、やっぱり誰かがトップ娘役っていうポジションにおさまっていないと、パズルのピースが1個足りないみたいな、不安定な印象をわたしは受けるんですよね~。

フィナーレとかデュエットダンスとか、トップコンビの見せ場だったり並びだったりに、無意識のうちに期待しているせいですかね。自分でも不思議だけど。

なので、基本的には、わたしは「トップ娘役不在」っていう状況は、あんまり好きじゃないです。

明日海さんの場合

でも今回にかぎっては、もう相手役さんが3人も変わっていて、その度に相手役さんを気遣ってきたであろう(←たぶん。)明日海さんのことを思うと、なんかもう、4人目とかいいんじゃないの、っていう気がしました。

また若い相手役さんがやってきて、その生徒さんのことを育てつつ、、、っていうのもねぇ。どうなんでしょう。。。

もう、そういうのは十分頑張ってきた明日海さんなんじゃないのかなーっていう気がします。

トップとしての集大成を迎えつつある時期だからこそ、のびのび、明日海さんらしくいてくれれば、そういう姿が見られれば、それでもう幸せかな~っていう気がちょっとしました。

まあ、このへんの考え方は人それぞれなんでしょうけど。。。

劇団の扱いとしても、明日海さんはトップ娘役とセット売りされていた感じはしないですよね。

むしろ、トップ娘役が誰であれ、とにかく「明日海りおを中心に!」っていう、そういうスタンスだった気がします。

『Delight Holiday』のポスターとか見ても、そんな感じでしたよね(←あれは、個人的には仙名さんと写っててもよかった気がするけど)。

 まあ、なのでわたしの予想は、いわゆる「やもめ」パターンになりますね。

やもめだったらこんな作品で!

それで、もし仮に「やもめ」で行くなら、寂しい印象にならない作品がいいなーと、思ったりします。

どんな作品かっていうと、男役さんがぞろぞろ出てきて、みんな見せ場があって、男同士でワイワイにぎやかな作品ですね。

イメージ的には「オーシャンズ11」みたいなのとか。でも「オーシャンズ11」は、今の花組ではなんとなくやらなそうですよね(笑)。

あとは「忠臣蔵」くらいしか思い浮かばない。。。って、例え古すぎ。

でもあれは間違いなく、男役さんが銀橋にゾロゾロ出てきましたよ(笑)。でも、明日海さんは、ああいう大石内蔵助みたいなカツラって、ちょっと違う感じがしますね。

なんか適当な作品が思い浮かばないですけど、とりあえず、「やもめ」で行くなら寂しい作品とか、暗~い作品はやめてほしいなーと、個人的には思いました!

スポンサーリンク

 

もし4人目の相手役が来るなら

ちなみに、もしわたしの予想が外れて4人目の相手役が決まるとしたら、花組の中で一番トップ娘役に近いポジションにいるのは、舞空瞳ちゃんなんだろうなーと思います。

この間の公演の扱いを見ていても、伸びやかで舞台映えする感じがしましたし。

他組からっていうのは、なんかあんまり考えたくないかなー。

これ以上ややこしいのはやめて、みたいな気持ち??

というわけで。

いろいろ勝手なこと書きましたけど、どうなるんでしょう。。。

『CASANOVA』のポスターも楽しみですね!