宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

綺咲愛里さんは「夢咲チルドレン」?!

 

 星組さんの『ベルリン、わが愛』の画像を見ました!

 紅さんと綺咲さん、美男美女らしく写っているし、雰囲気もありますね。映画の黄金期っぽい感じも伝わってきます。

 綺咲さん、こんな大人っぽい感じも似合うんだ~。

 と思ったんですけど、ポスターのこの感じ……。

 なんとなーく、トーンは全然違うんだけど、「時代感」とか「大人の雰囲気」が漂ってるところが、『The Lost Glory』を思い起こさせます。描いてる年代が同じだからかな? ヒロインの髪型もちょと似てる。前髪が波打ってる、例のやつです。

 『華麗なるギャッツビー』とかも、1920年代を描いているらしいので、似たような髪型の人、出てきますよね~。

 

綺咲愛里さんについて

 この間、東京宝塚劇場のロビーで、ヒガシマル醤油のおっきな宣伝の前で立ち尽くす男性を見かけました。ガン見してました(笑)。可愛いからね、見ちゃいますよね。

 綺咲さんて、普通に今どきの芸能人っぽさがありますよね。あんまり宝塚見ない人でも、受け入れやすそうな娘役さんだと思います。

 あと、東京メトロに乗るたびに、イメージキャラクターを務めている石原さとみさんが、どこか綺咲愛里さんに似てるような気がしちゃうんですよね。私だけかな??

 全然似てないときもあるんだけど、東京メトロの宣伝の石原さとみさんは、何か似てる。

 たぶん、目元かなー。あと、あごの感じとか?? 口がちょっとアヒル?っぽいのも似てる気がする。

 それはともかく、今回のポスターの綺咲さん、綺麗なんだけど、ちょっと既視感があるんですよ。デジャヴ的な?

 誰を思い起こさせるかって、やっぱり夢咲ねねさんですよ~!!

 

夢咲チルドレン

 綺咲さんって、星組に配属になってから、ほとんどの期間を夢咲さんの背中を見て育ってるんですよね。

 夢咲さんの舞台を見て育ち、夢咲さんに教えてもらい(新公とかで)、夢咲さんの立場をおそらく目指して、まさに「ねね色」に染まって純粋培養されちゃった感じがする。

 だって、醸し出す雰囲気が似てるもん。顔は違うんだけど、不思議ですね。余計な一言かもしれませんが、歌のレベルもおそろい感が。。。

 礼真琴さんも、「柚希チルドレン」的なところがあるけど、柚希さんはレジェンドだから、きっと礼さんにとっても学ぶことが多かっただろうということで、それはそれでいいと思うんですけど(えこひいきではありません、笑)、何て言ったらいいのかなー。綺咲さんって、ねね様風味の娘役っていう感じがしてならないんだよなー。

 ちなみに妃海風さんは、しっかり自分の個性があって、ねね色ではなかったと思う。

 まあ、いろいろ好き勝手書きましたけど、綺咲さんはこれからの娘役さんなんでしょうね。

 トップ娘役としての立場や演じる役によって、これから磨かれる部分がたくさんあるだろうし、『スカーレット・ピンパーネル』のときも、頑張ってるのは伝わってきましたからね。

 紅さんも個性的な(お笑い寄りな?)トップスターだけど、綺咲さんを受け止めてくれる懐の大きさはあるように思うので、トップコンビとして次の大劇場公演、頑張ってほしいですね!!


にほんブログ村