宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

雪組公演『幕末太陽傳』『Dramatic“S”!』(ドラマティックS)大劇場千秋楽

  

雪組トリデンテ 

  雪組さんは、大劇場の千秋楽でしたね。

 早霧さん・咲妃さんがトップになってから、新聞によると、本拠地全5作で観客動員率が100%超えていたそうですね。

 やっぱりいいコンビでしたもんね。納得です。

 久々に、トップ、2番手、トップ娘役の3人のバランスというか、この3人の組み合わせがバッチリはまると、舞台がものすごく引き締まるというのを、改めて感じさせてくれた組だったなと思います。

  

早霧せいなさん

 以前は宙組だったんですよね。

 私が宙組時代で印象に残っているのは、北翔さんが主演された『THE SECOND LIFE』のときですかね。

 早霧さんはこのとき、ある女の子に片思いをしている役で、その子が落ち込んでいるのをあの手この手で励まそうとする、みたいなシーンを演じていたんですが、そこがものすごく良かった。とても印象に残っています。

 トップになってから演じたルパンもそうでしたけど、明るさとか、情の厚さとか、そういうのを感じさせる役がとっても似合っていました。

 たぶん、素が情に厚い感じの方なのかな。

 ものすごい美形ですしね。そりゃあファンも多いよね、という気がします。

 千秋楽の後の、記者会見もすごくよかったですよね(←思わずもらい泣きしました)。

 本当に宝塚が好きなんだ、とか、自分を応援したり支えたりしてくれている人の気持ちを正面から受け止めている姿に、とても好感が持てました。

  

咲妃みゆちゃん

  私は咲妃みゆちゃんが可愛くて好きだったので、退団は惜しいなあ、もうちょっと続けてもいいんじゃないのかな、とも思っていたんですが、早霧さんと一緒に退団したいというのも咲妃さんらしいのかな、最後まで名コンビのままで辞めていくっていうのも、それもひとつの形なのかな、と今は思っています。

 咲妃さんを最初に認識したのは、明日海さんの写真集に出ていたときかなあ。そのときから可愛かった。

 月組にいるときは、飛ぶ鳥を落とす勢いってこういうことだよね、というような、すさまじい爆上げでしたよね。でも、そのときから、周囲の期待に応えるだけの演技の実力があったんだろうと思います。

 月組のころ、スカイステージのインタビューか何かでしゃべっていたとき、あまりにもフワフワしゃべっていることに衝撃を受け(←みゆちゃんゴメン)、この人大丈夫かな?と心配したこともありましたけど、そんな心配は必要なかったですね。

 そのころ、月組時代に一緒に組んでいた珠城りょうさんが、咲妃さんの印象を、「ふにゃ、バリ」と言っていたのもすごく印象に残っています。

 普段はふにゃっと見えるけど、舞台に立つとバリっとしているっていうような意味だったと思います。珠城さん、うまいこと言いますね。

 可愛いけど、『星逢一夜』とか『THE MERRY WIDOW』のハンナみたいな役も、ピカイチでした。いろんな咲妃みゆを見せてくれるっていうのも、すごい魅力だったんだと思います。

もうすぐ東京公演

 一緒に退団する生徒の皆さんも、雪組を支えてきた実力のある方ばかりですよね。

 個人的に、もうちょっと舞台姿を見たかったな、もっと雪組にいてほしかったな、という生徒さんもいますが。。。

 まだ東京公演もあるので、退団される生徒の皆さんの姿を目に焼き付けたいと思います。


にほんブログ村