宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

休演のショック 美弥るりかさん


このまえ発表された、月組『エリザベート』の美弥るりかさんの休演。

このニュースを聞いたときは衝撃で、まだいまだにショックから立ち直っていない、そんなわたしです。

美弥さんは好きなジェンヌさんだし、いつかトップになってほしいと思っている生徒さんのひとりなので、ですね。。。

宝塚の公式サイトでは、「体調不良」とか「復帰時期未定」という、ファンとしては心配がつのるような言葉が続くので、「ほんとに大丈夫なのかな??」と、すごく心配になりますよね。

休演に直面したとき

わたしが劇場に行って、その日急に休演を知ったという機会は、そんなに多くありません。

一番印象に残っているのは、花組の春野寿美礼さん主演の『エリザベート』で、タイトルロールのエリザベートを演じた大鳥れいさんが休演したときかなぁ。たまたまその日観劇だったんです。

大鳥さんは、退団公演だったんですよね。休演の決断は、ご本人もすごくつらかっただろうと思います。

このときは、新人公演でエリザベートを演じていた遠野あすかちゃんが急遽エリザベートを演じたんですが、立派に代役をこなしていてすごかった。

お芝居(本編?)のほうは特に、及第点を相当超えた出来栄えだったんじゃないでしょうか、たぶん。

フィナーレの、トップの春野さんとふたりで踊るところで、着替えが間に合わなかったのか何なのかわからないですけど、娘役さんがあんなにすごい勢いで走ってくるの初めて見た、くらいのスピードで舞台に登場したので、ちょっとびっくりしましたけど、春野さんも全然動じていなくて、頼もしかったです。

あのときだって、あすかちゃんがエリザベートを演じることになったことで、順繰りにいろんな方が代役をしていたはずなんですよね~。

あすかちゃんが演じていたヴィンディッシュ嬢が桜一花ちゃんになって、エトワールが華城季帆ちゃんになっていたみたいですけど(←あんまり記憶がなくて申し訳ない)、まだすごい下級生だったのに、全然違和感を感じなかったので、宝塚の生徒さんってほんとにすごいな~と思いますね。

スポンサーリンク

 

主演クラスの男役さんの休演

宝塚はやっぱり、娘役さんよりも男役さんのほうが目立つ役が多いし、かなりの男役社会だと思うので、やっぱりトップとか2番手とか、そのあたりの男役さんが休演すると、順繰りに代役をする人の人数も増えて、影響の大きさを感じますね。。。

これまでも、いろいろありましたよね。生の舞台ですからね。。。

ご本人が、やっぱり一番つらいと思いますが、しっかり治して、元気な姿を見せてほしいなーと思います。

今回は特に、小池先生も雑誌のインタビューでおっしゃっていましたけど、ルキーニっぽい持ち味のある美弥さんが演じるフランツっていうのを、楽しみにしていたファンも多かったと思いますしね。。。

お大事に、と言いたいです。

 

代役の配役に思ったこと

今回は役替わりもあったし、新人公演で主要な役を演じていた生徒さんもいたので、そういう意味では、ルキーニが新人公演で演じていた風間柚乃さんになって、ルドルフが暁千星さん、エルマーが蓮つかささんになったというのは、まあ納得というか、そうなるだろうなぁという感じがしますね。

ルキーニからフランツ・ヨーゼフになった月城さんは、かなり劇的な状況の変化のように感じますね。役のイメージも、全然違うし。

歌やお芝居もそうですが、お衣装だったり、いろんな細かいところで、きっとわたしの想像をはるかに超えた状況を、生徒さんたちは乗り越えているんだろうなーと思います。

美弥さんも、代役の生徒さんたちもみんな頑張っていると思うし、みんな美弥さんの復帰を待っていると思うので、また元気に舞台に戻ってきてくれることを信じて待ちたいですね。