宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

柴田先生の作品のヒロインと『凱旋門』新人公演


今日は雪組の『凱旋門』新人公演ですね。

縣千さんは、男役になるために生まれてきたみたいな、恵まれたルックスですよねー。

スケールの大きさとか、大人っぽい雰囲気も、生まれながらに持っている感じがします。立ってるだけで目立つってすごいですよね。

映像で見たかぎりでは、歌さえ頑張れば、あとはこのまますくすく成長してほしい感じがしました。

軽蔑しながら愛するジョアン

演出が上田久美子先生なんですよね。

セリフのひとつひとつまで、指導というか、一緒に考える機会があったみたいですね。

スカイステージの縣さんの新人公演インタビューで印象に残ったのは、上田先生から、ジョアンのことを「軽蔑しながら愛してほしい」っていう話があったっていうところですかね。

ジョアンが嫌な女性に見えるっていう話を結構聞きますけど、ラヴィックはタイヘンな相手を好きになっちゃったんですねー。

柴田先生の作品のヒロイン

柴田先生の作品のヒロインって、「あかねさす紫の花」「琥珀色の雨にぬれて」「仮面のロマネスク」「凱旋門」って、ヒロインが複数の男の人の間で揺れてて、状況がフクザツになるパターン多いですよね。だからドラマチックなのかもしれないですけど。

個人的には、「あかねさす紫の花」の作品は好きです。名作ですよね。

「琥珀色の雨にぬれて」も、作品自体は好きだけど、主人公のクロードが煮えきらなくて、結果的にいろんな人が傷ついてて、クロードのことが好きじゃない(笑)。男として、もうちょっとしっかりしててもいいような気がする。

「仮面のロマネスク」も作品は好きで、最初に見たときは花總まりさんのメルトゥイユ侯爵夫人の美しさに圧倒されたんですが、なんかお互い好きならあそこまで強烈に意地を張り合わなくてもよかったような気がしなくもない(笑)。

潤花ちゃんのジョアン

スカイステージで潤花ちゃんが話しているのを見たんですが、すっごい可愛いですね!

ヒロインっぽいです。セリフもいいですよね! 歌は、ちょっと微妙かな?!

雪組の若手の娘役さんっていうと、星南のぞみさん、野々花ひまりさん、彩みちるちゃんあたりなんですかね。

舞台で見ると、彩みちるちゃんが光ってるような感じがするけどなぁ。彩みちるちゃんって、ちょっと蘭乃はなちゃんっぽい雰囲気もありますよね。

雪組さんは、なかなか星組でいうところの有沙瞳ちゃんみたいなポジションに上がってくる娘役さんがいないですねー。

潤花ちゃん、これからどうなるかなー。そういうのも含めて楽しみだなと思います!