宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

花美男子!というよりも。柚香さん&水美さん


花組『BEAUTIFUL GARDEN』、見てきました。

楽しかった!! 

特に、フィナーレの紫色のお衣装のデュエットダンスが美しすぎて、なんだかジーンときました。

明日海さんと仙名さんの姿を見てたら、ほんとに幸せすぎて、この幸せな時間を失うのがこわい、みたいな、そんな気持ちになりました。

ずっと見ていたいのに~。

最近、明日海さんを見ていると、その充実した活躍ぶりから、なんだかそろそろ退団、、、という文字が頭をかすめていくようで、せつない気持ちになります。

明日海さんと仙名さんは、わりと大人っぽい場面とか、落ち着いた場面が多かったような気がしますね。

ギラギラした部分を担っていたのは、やっぱりHANAOTOKOの皆さんですね!

HANAOTOKO

どんな場面なんだろ、と楽しみにしていたんですが、思ったより場面が短かった(笑い)。

オペラグラスでひとりずつ追ったり、後ろのスクリーンに気を取られたりしていたら、あっという間に終わってしまいました。

わたしの印象としては、花男というよりも、なんか柚香さん&水美さんを中心とした、花組番長!みたいに見えました(笑)。

スポンサーリンク

 

柚香光さん

柚香さんって、『宝塚幻想曲』の芹香さんとのバスケの場面でも、校内のちょっとイカしたグループのボス(ちょっと不良っぽい)、みたいなのを演じてましたよね。

ああいう、ちょっとギラっとした、なんかちょっとコワいグループっぽいけどカッコいい、みたいなのが似合いますよねー。

少女マンガとかに出てくる、お金持ちで校内で幅きかせてるイケメン男子っぽいです(笑)。

わたしが見に行った日は、声の調子があんまり良くなかったみたいで、お芝居のときは若干声がかすれ気味だったんですけど、ショーのほうはそんなことも気にならず、元気に活躍していてほっとしました。

あと気になったのは、グラディエーターの場面の女役ですね。

「ずいぶんデカい美女だなー」と思いました(笑)。

いい場面だったし、綺麗だったけど、わたしはやっぱり柚香さんといえば男役でしょ!と、個人的には思う。

普段男役を極めているので、やっぱり急に女役をすると、ゴツく見えるような気がするんですよ。

それに、おしとやかな柚香さんって、なんかイメージと違う気がするなー、とわたしは思ってしまった。

男役のときのほうが、本人もノってる気がするし。。。

闘牛士の場面で仙名さんが色っぽいヒロインをやっていたので、こっちの場面は仙名さん以外で相手役をって思ったんですかね~。

女役をやってあんまり違和感がない男役さんと(真矢ミキさんとか、そういうタイプでしたよね)、そうじゃない男役さんがいる気がするんだけどなー。

まあ、でも目立つ場面ではありましたよね。

水美さんが歌に踊りに大活躍してかなり目立っていたので、柚香さんもこのくらいパンチのきいた場面があってよかったのかもしれません。

水美舞斗さん

今回観劇して驚いたことのひとつが、水美さんの活躍がすさまじい、ということでした。

いや~、「歌う! 踊る! 水美舞斗!!」って感じでしたね。

お芝居でもショーでも活躍が目立っていました。

いい役や場面をもらってるっていうことだけじゃなくて、もらった役や場面で、目を見張る活躍をしているというところがすごい。

実力があるんだなーと、改めて思いました。

ショーは、ミツバチの場面を見るのを楽しみに行ったんですけど、そこも良かったけど、闘牛士の場面で、死を演じている水美さんの迫力がすごかった。

踊りでの表現も素晴らしくて、目を奪われました。

『メサイア』のほうでも、いいお芝居してましたしね。

花組さんは、明日海さん、柚香さんを筆頭に、瀬戸さん、鳳月さん、水美さんと、デキる男役さんがひしめいていますよねー。

鳳月さんも、歌えてダンディーでステキだったし。

スターがいっぱいで、活躍の場が分散されちゃうような気もしますね。

これからどうなるんだろー、花組さんは。気になります。