宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

海外ミュージカルのヒロインと歌 『WEST SIDE STORY』と『ON THE TOWN』


宙組さんの『WEST SIDE STORY』、始まっていますね。

スカイステージで真風さんの話を聞いていて、そうか、お披露目でやって、大劇場をはさんで、その後また同じ作品をやるって、なんか面白いよなーと思いました。

役替わりもありますが、主演コンビにしても、お披露目でやったときと、大劇場で1作コンビとしての経験を積んでから再び取り組むのでは、やっぱり違うのかなーと思ってみたり。

星風まどかちゃんのマリアを見て、思ったことを書きたいと思います。

マリア役と歌

わたしが初めて宝塚の『WEST SIDE STORY』を見たのは、1998年の月組で、真琴つばささんが主演のときでした。翌年に星組さんでも上演しているんですよね。

このときマリアを演じたのはトップ娘役の風花舞さんと星奈優里さんでしたが、このおふたりは、どこからどう見てもダンスの人でしたよね。

ダンスがめちゃくちゃ素晴らしい!っていうのは誰もが認めるところだったと思うんですが、歌はどちらかというと、おふたりともあんまり得意ではなかったような。。。

特に風花さんは、マリアよりもむしろアニータで全力で踊っているところが見たい!と思った記憶があります。

やっぱり『WEST SIDE STORY』を見るなら「Tonight」のシーンは大きな見どころなので、そこではマリアの美しい歌声が聞きたいよなーと思いますよね。

ここで歌がビミョーだと、やっぱり興ざめしてしまうところがあると思います。

当時は新人公演でマリアを演じた花瀬みずかさんや秋園美緒さんのほうが、歌に関してだけでいえば、本役さんより歌えていたんじゃないでしょうか。そういうこと、たまにありますよね。

そう考えると、宝塚の『WEST SIDE STORY』を歌のうまいヒロインで見たい!っていうのは、ちょっと悲願のようなところがあったかも。

まどかちゃんのマリア

「Tonight」でまどかちゃんが演じるマリアの伸びやかな歌声を聞いたとき、「そうそう、こういうのが見たかったんだよね!!」と素直に思いました。

このまえ顔が丸っこいとか書いちゃったけど、やっぱりまどかちゃんは上手なんだわと思いましたねー。

真風さんとのコンビが年の差カップルっぽいというのは今でもそう思ったりしますが、この『WEST SIDE STORY』のマリアに関しては、まどかちゃんは見事なハマリ役だと思います。

今の宝塚でまどかちゃんほどマリアが似合って、これほど歌えるっていう条件がそろう娘役さんは、他にはいないかもしれないなーと思いましたね。

まどかちゃん、素晴らしいです!

 今回はむしろ真風さんのほうが、トニーを演じるにあたって、ちょっとヤング感?!を出さないといけないような作品ですよね。ふだん落ち着いた雰囲気の男役さんだから、余計にそんな感じがします。

劇団の思惑

真風さんのトップお披露目で『WEST SIDE STORY』を上演するというのは、版権のこともあったでしょうし、結構早い時点で決まっていたのかなーと思ったりします。

今回のまどかちゃんのマリアを見て、劇団はまどかちゃんに、ヒロインとしてこういうマリアをやらせてみたかったのかなーと、なんとなく思いました。

劇団は、まどかちゃんにこれだけのマリアが演じられる実力があるっていうのは前からわかっていたでしょうし、そういうことも含めて、いろんな期待があってトップ娘役に選んだのかなーという気がしましたね。

月組『ON THE TOWN』

今度の月組さんのブロードウェイ・ミュージカル『ON THE TOWN』も、海外ミュージカルかつ美園さくらちゃんのお披露目になりますね。

これも上演すること自体はずいぶん前から決まっていたでしょうし、「珠玉のナンバーで彩られた」作品ならなおさら、ヒロインとして歌える娘役さんを、というのはあったかもしれないですよね。

そういういろんな経過があっての、あの爆上げだったのかなーという気がしたりします。

そうはいっても、『WEST SIDE STORY』も『雨に唄えば』も、かつては歌える娘役さんがヒロインってわけでもなかったですけどねー。むしろ、歌はあれだよね、という感じだったような(笑)。。。

考えてみると、最近はトップ娘役さんが歌えるっていうのが増えてきていますよね。これは、ファンとしては歓迎できることかなと思います。

それにしても、さくらちゃんはブロードウェイ・ミュージカルでヒロインっていうのが続きますね。

というか今の月組さん自体、『グランドホテル』で珠城さんの大劇場お披露目があって、『雨に唄えば』をやって、今度『ON THE TOWN』って、海外ミュージカルがすごく多いですよねー。

珠城さんは、『All for One』とか『エリザベート』とか、小池先生の作品にも恵まれていて、いい作品に当たることが多いような印象です(この間の『カンパニー』はちょっと分からないですけど)。劇団の珠城さんに対する期待があらわれているのかなーという気がしました。

今回の『ON THE TOWN』という作品はわたしは知らなかったんですが、公演ラインナップのところに書いてあった、『踊る大紐育』っていうのは、フリガナつけてほしかったですね(笑)。「ん??」ってなりました。

月組さんも、楽しみにしたいと思います。まずは『エリザベート』ですけどね。