宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

真彩希帆さんの2回の組替え 望海さん&礼さん

  

 今スカイステージで放送されている咲妃さんのサヨナラ特別番組で、咲妃さんから対談の相手に指名されているのが真彩希帆さんですね。

 真彩さんて、歌がうまいのはもちろんですけど、物腰とかしゃべり方に、すごく「きちんと感」がありますよね。あんまりキャピっとしないで話している姿に、とても好感が持てました。

 私は咲妃さんが好きだったので(みゆロス)、退団はさみしいけど、早霧さん・咲妃さんがバトンを渡すのが、望海さんと真彩さんという実力派だっていうのは、雪組はこれからも安泰という感じがしてうれしいですね。

 

真彩さんの組替えの軌跡

 真彩さんといえば、2013年に花組に配属、2014年に星組へ組替え、2017年に雪組へ組替え。ご自身でも、咲妃さんとの対談の中で組替えが多かったことをお話されていますが、今研6で、組替えが2回かぁ。

 組替えって、しない人は全然しないでスターになったりしますけど(最近はそれも少ないのかな?)、多い人は多いですよね。。。

 真彩さんも、きっと組の慣れてきたころに毎回組替えになっていたんでしょうね。大変だったと思うけど、歌の実力で、どの組でも目立った活躍ができているというのは、すごく立派だなと感じます。

 新人公演でも、『エリザベート』のマダム・ヴォルフとか、『ガイズ&ドールズ』のアデレイドとか、ヒロインじゃなくても、重要な役できっちり実績を積んできたっていうのもエライです。真彩さんの実力を物語ってると思いますね~。

 

星組から雪組へ

 『鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-』のときに礼さんと組んでいたので、このまま路線の娘役として、礼さんと組むことが多くなったりするのかな、と思ったら、雪組に組替えになりましたね。

 何かの番組で、礼さんが一緒にカラオケに行きたい相手として真彩さんを挙げていたので、仲良しなのかな、いいなーと思っていたんですけどね。

 でも、望海さんと真彩さんが一緒の歌った『ファントム』の「HOME」が、伝説みたいになっちゃっていますからね。やっぱり相手役に、なるべくしてなったって感じですかね。

 

 結局、同期の有沙瞳さんと入れ替わるみたいな組替えでしたよね。真彩さんは望海さんと組んで次期雪組のトップコンビになることが決まり、有沙さんがバウホールで礼さんと組んでいるという。真彩さんは、望海さんとでも、礼さんとでも活躍できたと思いますけど、望海さん&真彩さん、礼さん&有沙さんっていう今の組み合わせが、結構しっくりくるんじゃないかと私は思っています。

 すっごく主観的な話になるんですけど、礼さんと真彩さんが組むと、すごく舞台に対して真面目な二人の組み合わせという感じがして(濃い感じ?)、二人ともステキなんだけど、組み合わせとしては、どこか抜け感というか、スキっと感が足りない気がするんですよ。

私のイメージはこんな感じ。

望海さん(←スキっと感あり・大人の余裕) 真彩さん(←かわいい・真面目・歌うとスゴイ)

礼さん(←熱い・ギラギラ・パワフル) 有沙さん(←スキっと感あり・きれい)

 

 ただの主観です(笑)。全然違う感じ方の方、いて当然です。怒らないでね。

 言いたいのは、今の組み合わせがいいんじゃないかと思ってるってことです。

 

歌える娘役さんは貴重です!!

 今の娘役トップのメンバーは、仙名さんとか愛希さんとか、わりと実力が安定していて歌える人がそろっていると思います。

 だけど、基本的に歌えるトップ娘役っていうのは、絶滅危惧種的な感じで貴重だっていうのは、以前から変わらない気がします。トップ娘役がすごく歌えたら、ほとんど奇跡というか、「神様ありがとう!」みたいな状態です。「歌劇団」だけどね。ほとんど「劇団」の組もありますよね(笑)。

 

 私は、望海さんがディズニーの『魔法にかけられて』の「そばにいて」を歌っているのを聞いて、衝撃を受けたんですよ。普段あんまり宝塚の曲をダウンロードしないんですけど、これはしました。聞き惚れるってこういうことだなって思いましたね。

 とにかく雪組は、今のコンビも最高!! それで、次も期待できると思います!!


にほんブログ村