宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

宙組『黒い瞳』プガチョフは誰がやるのか気になる


宙組さん、来年博多座で『黒い瞳』をやることが発表されてますね。

真風さんと星風さん、『黒い瞳』の作品の雰囲気に合いそう。

真風さんの軍服姿が見られるっていうのがいいですね!

ヒロインのマーシャは結構カワイイ衣装が多かったと思うので、まどかちゃんに似合いそう。

初演の思い出

これまで『黒い瞳』は真琴つばささんと音月桂さんが主演されてますけど、やっぱりわたしの中でのニコライは、真琴つばささんだなぁ。

そういえば、真琴さんもトップになってから『WEST SIDE STORY』のトニーをやってますよね。

真琴さんと真風さんって、トップになってからの作品が結構かぶりますね。

それも好青年っぽい役で。

そういう役が似合うところが、案外共通しているんですかね。

ちなみにわたし、真琴つばささん、結構好きだったんですよねー。

カッコイイし、肩幅もあってわりとゴツイ感じなのに、踊るとなんかワンテンポずれちゃってて(笑)、動きもオリジナリティーが加わって、絶対最初の振付そうじゃなかっただろー、っていうところがあったんですよね。

でもなんだか、そういうギャップがわたしとしてはすごくツボで、たまらなかったんですよね(笑)。

踊りの上手い下手関係なく、ダンスシーンは真琴さんに釘付けでした。

『黒い瞳』の時代は2番手が紫吹淳さんで、踊れてセクシーで大人っぽいところは全部紫吹さんが持っていっちゃう感じでしたけど、でも真琴さんは不思議と真ん中に立つスターのオーラみたいなのがあって、トップと2番手の組み合わせとして結構良かったような気がしました。

スポンサーリンク

 

マーシャ

初演でヒロインを演じた風花さんは、これまた宝塚屈指のダンサーでしたね~。

娘役っぽい踊り方じゃなく、もっと迫力があって、踊りのキレがすごかったと思います。

『黒い瞳』では、マーシャが白い衣装で踊るシーンがありましたけど、ああいうダンスでの表現が素晴らしかったなぁ。。。

そのときはショーが『ル・ボレロ・ルージュ』っていう大人っぽいショーで、プロローグでボレロを踊るんですけど、紫吹さんと風花さんがむちゃくちゃ踊れるので、すんごくカッコ良かった記憶があります。あのショー好きでした。

今回は、ショーは『VIVA! FESTA! in HAKATA』なんですよね。

どっちかというと、わたしは『ル・ボレロ・ルージュ』のほうが好きかな。。。

『VIVA! FESTA!』って、ショーの主題歌がすごいキャッチーですよね。

一度思い出すと、ずーと曲が頭をぐるぐる回り続けてしまうので困る(笑)。

プガチョフ

『黒い瞳』はプガチョフが、これまたいい役なんですよね。

男っぷりで魅了するような役ですね。

『ひかりふる路』のダントンみたいな、男としての大きさを感じさせる役、という感じがします。

初演は紫吹さんでしたけど、紫吹さんってそれまでダンスの人で、歌やお芝居の滑舌は、ちょっとどうかなーと思うようなところがあったと思うんですけど、このプガチョフの役は素晴らしかった!

ちょっと荒々しいような男っぽさが、すごく出ていたと思います。

新人公演は大空祐飛さんがプガチョフでしたね。

当時、大空さんは新人公演でよく紫吹さんの役をやっていたけど、渋い大人っぽさが、ふたりに共通していた気がするし、ふたりともプガチョフに合っていた気がします。

わたしの中ではプガチョフって、黒っぽい色の似合う、大人っぽくて渋い男役さんにやってもらいたい役なんですよね。

個人的には、『邪馬台国の風』で芹香さんのクコチヒコがすごく良かったと思うので、プガチョフの芹香さんも見たいな、と思ったりしますねー。似合うと思うなぁ。

愛月さんも、結構個性の強い役が多かったし、合いそうです。

このふたりのどちらかになるのかな。

芹香さんにプガチョフやってほしいけど、シアタードラマシティと日本青年館があるので、そっちの主演に回ったほうが喜ばしいのかもしれないし、なんとも言えないですねー。

どうなるんだろう。。。

またこれからいろいろ発表されるんでしょうね。