宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

花組全ツ 華優希ちゃんと舞空瞳ちゃんを見て思ったいろいろ


花組全国ツアーで注目していた、舞空瞳ちゃんと華優希ちゃんのふたり。

全体的な感想からちょっと間があいてしまいましたが、実際に見て感じたことなど書きたいと思います。

ところで、わたしは今月、全国ツアー、『Delight Holiday』、『蘭陵王』と花組をコンプリートしつつ、東京で宙組さんを観劇するというスケジュールを組んでしまったところ、なんか思ってたよりバタバタになってしまい、いつもよりも余計忙しい師走になってしまいました(笑)。

また宝塚行くの?!っていう周囲の視線が背中に突き刺さってます、、、が、寒さにもめげず、毎度元気に劇場に向かうわたしです(笑)。

というわけで。感想いきます。

毎回しつこいかもしれませんが、ネタバレしてしまうと思うので、その点お気をつけくださいね~。

フェリシアとティーナの配役

みなさんは、今回の全ツ『メランコリック・ジゴロ』で、ヒロインの配役が発表されたとき、どういう感想を持たれましたか??

わたしは最初に知ったとき、ちょっと驚いたんですよねー。

華優希ちゃんは、柚香さん主演の『はいからさんが通る』でヒロインを演じていたし、わたしの周りではそのときの評判が良かったんです。

『ポーの一族』のメリーベルも素晴らしかったと思うし、華優希ちゃんはハートフルなお芝居ができる娘役さんというイメージがあったので、今回お芝居でヒロインじゃないというのが、最初ちょっと意外に感じました。

ティーナも目立つ役ですけどね。ブっ飛んでいて個性的だけど。(←でも好きですよ)。

一方の舞空瞳ちゃんは、この前の『BEAUTIFUL GARDEN』での扱いだったり、新公でのそつのないヒロインぶりから、今すごくノってる娘役さんだよなーと感じます。劇団も推してる感じですよね。

次のトップ娘役のポジションに一番近いところにいるのは舞空瞳ちゃんなのかなー、という空気を、そこはかとなく?!感じます。

スポンサーリンク

 

舞空瞳ちゃんのお芝居

舞空瞳ちゃんのお芝居は、宝塚らしい、ヒロインの透明感みたいなのがありますよね。

あと、セリフの声も歌声も、すごく聞き取りやすくていいなーと思いました。

マイクにスパーンと音がのっている感じがします。

舞空瞳ちゃんは何をやっても優等生という印象で、今回の舞台も、ここが弱いよね~という部分が特に見当たらない、そういう出来だったと思いました。

前にも書いたことがあると思うんですが、わたしは柚香さんは男役としての華やかさとか、スター性みたいな部分を前面に出している男役さんだと思うので、それを支えるヒロインや2番手の男役さんは、実力に穴がない、なんでもこなせるタイプの生徒さんがつとめるのが、なんとなくバランスとしていいような気がします。

そういう意味でも、舞空瞳ちゃんは柚香さんに合ってるのかなーと思いました。

ただ個人的な印象として、今回のお芝居に関しては、ずいぶん大人しそうなフェリシアだなーと思ってしまった(笑)。

自信なさげなフェリシアのキャラのせいもあるかもしれませんが。

わたしは初演で森奈みはるさんが演じたフェリシアがすごく好きだったんですが、そのときはもうちょっとおきゃんな感じというか、ダニエルを兄と勘違いして慕う、一途ないじらしさ、かわいらしさみたいなのが、もう少し前面に出ていたような気がしたんですけどねー。

そういうのがないと、フェリシアってちょっと、かわいそうな子みたいに見えちゃうような気もしたんですけど、、、

でも、それでも総合的?!な感想として、舞空瞳ちゃんのヒロインとしての力量は、疑いようがないレベルだと感じました。

個人的には、お芝居よりも、ショーのときの舞空瞳ちゃんのほうが好きです♪

スポンサーリンク

 

ショーの舞空瞳ちゃんとポジション

ショーの舞空瞳ちゃんは、すごく良かったです!

ショーでは、プロローグとかの目立つ場面でトップ娘役のポジションにいるのは華優希ちゃんです。

プロローグ以外でも、これまでトップ娘役さんが演じてきた場面の多くが華優希ちゃんになっていますけど、じゃあ舞空瞳ちゃんが完全に2番手娘役のポジションだったかというと、そういうわけでもなかった気がしました。

わたしの印象では、舞空瞳ちゃんはショーでも1.5番手(か、それ以上)くらいにはなるように配慮がなされていたような気がします。

ショーの中盤で柚香さんと組む見せ場があったり、デュエットダンスにも登場、フィナーレの階段降りも、華優希ちゃん舞空瞳ちゃんがふたり並んで同じ衣装(だと思う)で降りてきましたし。

ショーの舞空瞳ちゃんは、お芝居よりもずっと伸びやかで、舞台の空間を大きく使って踊っているみたいな印象で、見ていてすごく心地よかったです。

たぶん相当踊れるんですね。大勢の中にいても、動きがとっても綺麗で目立っていました。

大人っぽい場面もよく似合ってました!

華優希ちゃん

お芝居の、華優希ちゃんのティーナはとっても可愛かったです!

思い切りのいい演技で、セリフも仕草もとってもキュートでした。

わたしは華優希ちゃんのお芝居、とっても好きです。

舞台以外の、歌劇とかグラフとかで見るふんわりした女の子っぽい雰囲気も、ふわふわのウサギみたいでカワイイです。

ショーでの華優希ちゃんは、トップ娘役さんが演じた良い場面をいくつももらっていましたけど、歌や踊りは、わりとこぢんまりして見えてしまったような気がしました。

そこはちょっと、残念だったかも。

華優希ちゃんは、三拍子そろっているというよりかは、やっぱりお芝居のときにすごく魅力が感じられる娘役さんなのかなーと、ちょっと思ったりしましたね。

そういうのが活かせる相手役さんと組めるといいですよねー。

わたしの印象では、今回お芝居のヒロインが華優希ちゃんで、ショーが舞空瞳ちゃんっていう逆バージョンでも、ふたりの得意分野?的には良かったんじゃないのっていう気もちょっとしますけど、まぁそのへんは、劇団の考えだったりとか、いろいろあったんですかね。。。

 というわけで。

ここのところ花組さんを立て続けに観たので、『Delight Holiday』の城妃美伶ちゃん、『蘭陵王』の音くり寿ちゃんについても、また改めて書きたいと思います!