宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

活躍が目立つ、水美さんと瀬央さん


『MESSIAH』が大劇場千秋楽でしたね。

わたしは東京で観劇するので、まだ映像だけなんですが、やっぱりショーのほうの水美さんのミツバチのジャンプが強烈で、今からものすごく楽しみなんですよねー。

星組さんは、『New Wave! -星-』のお稽古も始まっているみたいですね。

こっちはやっぱり、『New Wave! 』と『デビュタント』で活躍が続く瀬央さんが気になる。

ふたりとも95期で、同期が2番手ということや、ここにきて活躍が目覚ましいことが共通しているような気がします。

同期が2番手という状況で

水美さんと瀬央さんは、同期の柚香さんと礼さんが若手時代は、新公主演などチャンスを持って行かれることが多くて、活躍の機会自体が少なかったような気がします。

ここにきて、柚香さんと礼さんが2番手としてポジションが固まって、周知徹底?されたところで、明らかに活躍の機会が増えたなぁという印象を受けますよね。

 

水美舞斗さん

わたし、スカステの短い映像に釘付けになることって、そんなに多くないんですけど、水美さんのミツバチは、「人間ってあんなに飛べるんだ、、、」という感じで、目が点でした(笑)。

花組さんの『エリザベート』のときは、マデレーネだったんですよね。

筋肉!というか、体操に励んでいるのはエリザベートじゃなくてマデレーネだったんじゃないのと思うような、そんな印象だったかも。

でもやっぱり、実力を評価されてのことだったんでしょうねー。

キザるのが似合う、花組の正統派男役っていう感じがすごくありますよね。

スポンサーリンク

 

瀬央ゆりあさん

瀬央さんは、わたしの中では、すごくハートフルなお芝居ができる人、という感じがします。

舞台での思いきりの良さもある気がする。

『ANOTHER WORLD』の赤鬼も、誰だか分からなくなりそうなメイクでしたけど、舞台でのやりとりが面白くてすさまじいインパクトでした。のけぞりかたも、すごかったし(笑)。

客席で観ていて、「あの人、なんか面白い!」って思わせるのってすごいですよね。

舞台上でキラリと光るものを見せてくれるという、そういう部分が、すごく楽しみな生徒さんだなーと思います。

よく、同期にふたりスターがいると、どちらかが組替えしたりっていうパターンがあると思いますけど、水美さんと瀬央さんの場合は、それぞれ組のイメージが定着していて今の組で頑張ってほしいという気持ちもあるし、これは95期の特殊事情という感じですけど、組替えしてみても各組に有力な同期がいる状態でもあるんですよね。

どうなるかわからないですけど、男役は娘役に比べて路線として活躍できる期間が長いし、遅咲きで着実に頑張ってきたスターがトップや2番手に上がってくることもあると思うので、頑張ってほしいなぁと思います!