宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

トップ娘役候補と年度賞新人賞の関係


2017年度の年度賞の発表と受賞者のインタビューを見ました。

優秀賞 明日海りおさん、愛希れいかさん

努力賞 美弥るりかさん、天寿光希さん、彩風咲奈さん、柚香光さん、和希そらさん

新人賞 暁千星さん、有沙瞳さん、華優希さん

奨励賞 秋音光さん、朱紫令真さん

団体賞 花組『ポーの一族』公演全体と出演者全員、雪組『SUPER VOYAGER!』第3章「Ocean~海に浮かぶ月~」該当場面出演者

明日海さんと彩風さんは、団体賞の受賞も嬉しそうでした。

個人の受賞ももちろん嬉しいでしょうけど、みんなで頑張った舞台で賞がもらえるっていうのもまた格別の思いがあるでしょうね。

明日海さんが、花組は4年連続で団体賞がもらえて嬉しいって語っていたのも印象的でした。

花組の充実ぶりを感じます。明日海さんが、来年(2018年度)の団体賞も狙うって力強くおっしゃってるのが、また頼もしかったです!

新人賞の娘役さんはトップ娘役有力候補だ

年度賞の受賞者の方は、どなたも素晴らしい活躍をされていると思います!

わたしは毎年チェックしてしまうんですが、特に新人賞の娘役さんは、これから上がってきそうな生徒さん、トップ娘役候補といえる顔ぶれがそろうので、注目しています。

今年は有沙瞳さん、華優希ちゃんのふたりでした。

これまでの受賞者とトップ娘役の比率

ちなみにこれまで新人賞を受賞した娘役さんはこんな感じ。

2016 星風まどかさん

2015 海乃美月さん

2014 綺咲愛里さん

2013 咲妃みゆさん

2012 (娘役では新人賞の受賞者はなし)

2011 愛希れいかさん

2010 舞羽美海さん

というわけで、海乃美月さんが将来トップ娘役になれば、近年の受賞者は、ほぼ百発百中でトップ娘役になるわけですよねー。

うみちゃんに関しては、トップ娘役候補としての実力はもう十分に示していて、あとは相手役さんとの相性だったり、タイミングの問題という、トップ娘役になるための不確定要素みたいなところに左右されているだけなんだと思います。

月組さんは、次期トップ娘役がなかなか発表されませんけどね~。

誰になるのかっていうので、月組の主演コンビのイメージも違ってきますよね。

若くて新鮮な感じになるのか、手堅い感じでいくのか、注目だなぁと思います。

有沙瞳ちゃん

有沙瞳ちゃんは星組のなかで、もう2番手娘役的なポジションがかなり固まっていますよね。

星組の娘役さんのなかでは、頭ひとつ飛びぬけた存在になっていると思います。

そして忘れちゃいけない、池田泉州銀行のイメージガール。

トップ娘役候補として、かなり強力なカードがそろっているなと感じます。歌えるのも強み。

このまえの星組公演も、お芝居でもショーでも目立った活躍をしていたし、与えられた役に対してちゃんと実力で応えている娘役さんだと思います。

笑顔も好き。客席に元気を送ってくれるパワーがあると感じました。

『ANOTHER WORLD』の新人公演では、もうヒロインは卒業という感じで夢妃杏瑠さんの阿漕の役でしたけど、いろんな経験をして娘役としての幅をさらに広げてほしいなーと思いますねー。

お姫様っぽい役だけでなく、いろんな引き出しがある娘役さんっていいですよね。面白味のある娘役さんに育ってほしいです。

もう有沙瞳ちゃんは、タイミングさえ狂わなければ、間違いなく将来トップ娘役になるんじゃないかという気がします。

華優希ちゃん

そして華優希ちゃん。

『ポーの一族』は今回団体賞ももらっていますけど、やっぱり華優希ちゃんのメリーベルは印象深かったなーと思います。

優希ちゃんはただ可愛いだけじゃなくて、演技も光っているところが咲妃みゆちゃんを思い起こさせる感じ。娘役さんらしいふんわり感もありますしね。

これから爆上げされるのかと思いきや、ここにきて舞空瞳ちゃんが全国ツアーで柚香さんの相手役になるというニュースが。

有沙瞳ちゃんの場合よりも、華優希ちゃんに関しては、先行き不透明感があるかもしれないですね。

花組さんは、実力のある若手娘役さんがいっぱいいるんでしょうね。みんな可愛いだけじゃなくて、首席だったり上手だったりするのが、花組さんのすごいところです。

以前から、花組育ちの娘役さんが他組にトップ娘役として組替えってことも多いですし、これからどうなるかわからないけど。。。

優希ちゃん、頑張って~!!!