宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

ビジュアル再現率がすごい 『サンダーボルトファンタジー』


サンダーボルトファンタージーのプログラム、見ました!

公式サイトの画像だと、キラールージュの赤 × ギラギラのお衣装のイメージが強かったので、お芝居のお衣装に身を包んだ紅さん、綺咲さん、礼さん、七海さんが、なんだかすごく新鮮でした。

元々の人形演劇を知らないので、初め見たときは、ちょっと衣装の装飾品が多すぎてどこがを見たらいいかわからないというか(笑)、すごくナゾの格好みたいに見えて、いまいちピンとこなかったんですけど、プログラムの後ろのほうに人形の写真が載っていて、そこでやっと、「ああ、そういうことなのね~」と理解しました。

ビジュアル再現率、すごく高いですよね!!

お衣装部さんの力作だなと思いました。

特に紅さんの再現率がすごい。ちゃんと、不思議の世界の住人?っぽい雰囲気出てます。

紅さん

プログラムの紅さんは、お芝居の写真だけじゃなく、ショーのほうの写真もほんとに美しくて見とれました。

お芝居のほうは、元のお人形の顔が、ちょっとファイナルファンタジーとかのゲームに出てきそうな、シュっとアゴがとがってる美形なんですよね。

それで、紅さんもすごく小顔で顔の輪郭が美しいので、お人形っぽい人間離れした美形男子っぽさが出ているなーと思いました。

なんかいろんなモノが衣装にくっついてたり、手に何か持っていたりするんですけど、わたしには意味がよく分からなかったんですよね。

テレビ放映されている劇を見た方だとわかるのかな。

キャトルレーヴで日本語のマンガも売っていたけど(モーニングコミックスの)、なんか劇のキャラと絵のタッチがちょっと違うように思えたので、今のところ買っていません。

先にAmazonの動画配信とか見て、事前学習?しておいたほうが、舞台を見たときにわかりやすいんですかね。。。

劇団のサイトに、専門用語解説とかもアップされていましたが。

ポーの一族のときは、事前学習したんですけど(笑)、どーなんだろう。

スポンサーリンク

 

綺咲さん

綺咲さんの格好も、かなり不思議系ですよね。何する人?!っていう感じもする。

だけど、どういう格好か一言では言い表せない、いろんなものがくっついたお衣装なんだけど、綺咲さんが着ると、なんかカワイイ。

ゲームとかアニメとか、そういう世界にいそうなヒロインっていう雰囲気を感じました。

帽子おっきすぎない?って思いましたけど、お人形の写真もあんな感じだったので、ああいうのなんだろうなー。

なかなかフツーなかなか着こなせないお衣装ですよね。

綺咲さんのヒロイン体型を、また目の当たりにした気がしました。

礼さん

礼さんは、今回はお化粧の変化だと思うんですけど、すっごい柚希さんみたいに見えますね。

あと、なんだかいつもより若く見える。

写真だけだと、元気でヤンチャないい人っぽいキャラに見えましたけど、どうなんだろう。気になる(笑)。

七海さん

七海さんも、ちょっとゴツくて強そうなキャラに見えました。

「謎多き流浪の剣客」なんですね。渋めの表情がキマってました。

礼真琴さんが結構笑顔なので、余計にそう見えたのかな。

キャラクターのこと、あんまり知らなかったんですが、原作の公式ページのキャラクター紹介と見比べるとすごくそっくりで(劇団の公演解説にもリンクがあります)、なんだかすごく楽しみになってきました!

期待しちゃうなー。