宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

雪組の3番手はどうなる 彩凪翔さんと朝美絢さんの役替わり 


雪組さんの『ファントム』の役替わり日程が発表されていますね。

いつも思うんですけど、役替わりってなんか大変そうですよね。いい経験にはなるんでしょうけど。

どうやって気持ちを切り替えながらお稽古するんだろうとか、いろいろ比べられてやりづらくないのかなとか、いろいろ思います。

しかも役替わりって、どっちがスターとして頭ひとつ抜け出るかみたいなのを試しているのかなと思うような、そういうメンバーで役替わりすることが多いですよね。

今回は彩凪翔さんと朝美絢さんですね。

雪組の3番手以降は混沌としている

雪組さんは以前、彩凪さんと彩風さんが若手スターとしてセットで売り出し中みたいな時期が長かったと思いますが、今は彩風さんが2番手になっていますね。

彩風さんについては、『ひかりふる路』でダントンを演じているのを見たとき、すごい男っぷりが上がったなーと思って感心しました。

見ていて気持ちがスカっとするような器の大きさみたいなのが伝わってきたし、彩風さんの男役は見ていて躍動感があるというか、客席をワクワクさせてくれるようなところがあるんだなーと思いましたね。

彩風さんが2番手に落ち着いてからも、彩凪さんは雪組の中で指折りの男役スターだと思います。

月城かなとさんが雪組にいたときは、新人公演主演やバウ主演で月城さんにかなり勢いがあって、ぐんぐん伸びてくるのにしたがって、上級生の彩凪さんが押され気味になってしまうのかなーと思ったりしましたが、月城さんが組替えで雪組に行ってからは、また学年順みたいな状態に、とりあえずおさまっているように見えます。

『凱旋門』のパレードからしても、今の時点では彩風さんの次が彩凪さん、その次が朝美さん、永久輝さんと続いていますけど、この状態はやっぱり、とりあえずの順番なんでしょうねー。

確定的という感じはしないですよね。彩凪さん、朝美さん、永久輝さんのうち、誰がいつ一気に上がってきてもおかしくない状態という気がします。順序の入れ替わりもあるかもしれないですよね。

永久輝さんは若いイメージですけど、もう研8だし、月組でトップスターをしている珠城さんと3学年しか離れていないことを考えると、『ファントム』ではないかもしれませんが、近いうちに一気にトップ路線の真ん中に躍り出てもおかしくないような気がします。

永久輝さんは男役の資質としてすごくいいものを持っている印象を受けるので、時期がくれば、一気に劇団が推してくるような気がしますねー。

その永久輝さんの前に、トップ路線のスターとして彩凪さんや朝美さんが路線の内側に残るのか、それともはっきりと別格になっていってしまうのかという、今はそういうのを見極めている時期みたいな感じがします。

そういう意味でも、今回の役替わりはかなり注目かなという気がしました。

彩凪翔さんのこと

彩凪さんは、すごい美形ですよね。大人っぽさとか色気も感じるので、彩凪さんが本気を出したらショーで悩殺されるファンが続出すると思います(笑)。

男役のときのイメージは、水もしたたるいい男っていう感じがするので、スーツ姿で帽子を被っているとか、ジゴロっぽい雰囲気とか、そういうのが似合いそう。

スカイステージで彩凪さんの『FOCUS ON』の撮影風景も見ましたが、あんまり綺麗なので見とれました。素のままでも美形です。あと、思いのほかナチュラルな話ぶりも、すてきだなーと思いました。

一番印象的だったのは、宙組の娘役さん、華妃まいあちゃんとの海辺での撮影風景ですね。これ、良かったと思います!

彩凪さんひとりでの撮影風景も良かったんですけど、娘役さんを見つめるときの視線がやばかったです。少女マンガとかに出てくる、現実ではありえない男性像そのものみたいな、なんともいえないいい表情で、ドキっとしました。

華妃まいあちゃんはあれを間近で見て、心拍数とか鼻血とか(←娘役さん向かってすみません、笑)、そのへんは大丈夫だったんだろうかと真剣に心配したくなるレベルです。

というわけで、彩凪さんは、美しさでは文句のつけようがないと思われるので、あとは舞台でどれだけドカーンとしたスケール感というか、大きなオーラが出せるか、このあたりなんじゃないでしょうかね。

朝美絢さんのこと

朝美さんに関しても、これまた美形で上手だし、キザったときのキャラクターもいい感じだし、すごく応援しているんですが、やっぱり中性的というか、線が細く見えがちというところが、気になるところかもしれないですね。

やっぱり舞台の真ん中にたったときに、空間を埋められるようなスケール感っていうのは、あってほしいかなーという気がします。

『ファントム』への期待と気になる先行画像

望海さんと真彩さんが花組時代に歌った「Home」が話題になっていたこともあるし、歌が最強な主演コンビによる『ファントム』は、すごく楽しみな舞台ですよね。

トップコンビの両方がこれだけ歌えるって、なかなかないですからね。ほとんど奇跡みたいな組み合わせだと思います。どっちかが歌が、、、とか、なかなか揃わないことが多いですよね。

わたしもとても楽しみにしているんですが、公式ホームページの画像が、やっぱりどうも気になります(笑)。

真彩さんの目元のお化粧だと思うんですが、いつもと違いすぎて、もはや別人という印象。

そのことが気になりすぎて、画像が全体として目に映らないというか、真彩さんの目元ばかり見てしまい、待ちに待った望海さんのエリックの姿に対しても、イメージ通りでステキというのを確認はしたわけですが、「いいね!」というあっさりした感想しか持てないという。。。

何がこの目元の違和感をもたらしているのか知りたいという探究心?のほうが勝ってしまい、いまだ落ち着いて画像が見られずにいます(笑)。

このまえの「宝塚グラフ」の表紙もそうですが、真彩さんは、お化粧によってかなり印象が変わるんですね。グラフの写真はすごくステキだったと思います!

きっと、あのポスターのグレーがかったヴィンテージっぽい雰囲気とか、そういうのも加わって、真彩さんがちょっとコワい陶器のお人形みたいな印象になってしまったのかも。

舞台では、ビジュアルも歌声も、天使のようなクリスティーヌを見せてほしいと期待しています。

いろいろ書きましたが、『ファントム』、すごく楽しみです!