宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

宙組の男役さんたちの感想

このまえ見た『天は赤い河のほとり』『シトラスの風』の男役さんたちの感想です。

 

芹香さん

芹香さんは、わたしは宙組に移動してきて良かったんじゃないかなーと、今回の公演を見て思いました。

ラムセスの役がとっても合っていて、ビジュアル的にもカッコ良かったというのもありますけど、トップの真風さんとタイプが全く違う男役さんなので、トップ・2番手の並びとして、花組にいたときよりもバランスがいいんじゃないかなーと個人的には思いました。

芹香さんは体型もスマートで、二枚目の男役さんなんだと思いますけど、花組はトップの明日海さんも、スマートで見目麗しいので、当然トップさんのほうが目立つし、芹香さんの美形の印象が、インパクトとして弱くなってしまうようなところがあった気がします。

宙組では、真風さんは柚希さんに続くガッチリ系の男役さんだとわたしは思うので、芹香さんとまたタイプが違って、あっちにもこっちにもタイプの違うカッコいい男役さんがいていいわ~、楽しいわ~!と思いました。お笑いコンビだって、ふたりが違うタイプのほうが面白いじゃないですか。

芹香さん、宙組ではじけちゃってほしいです。芹香さんはオペラグラスで拡大しても美形です(笑)。個人的には横顔の美しさが好きですね。

愛月さんと桜木さん

マッティワザもザナンザも、原作からすると見せ場のあるカッコいい役なんだと思うんですけど、やっぱりあの短い上演時間の中では、だいぶ出番が少なかったような気がしました。

愛月さんはまんがのキャラクターの印象を大切に演じていた印象を受けたし、桜木さんも兄思いの弟というのがよく出ていたと思うので、もうちょっと見たかったかな~。出番的に、物足りなかった気がします。ふたりとも、チャンスさえあれば、もっと役者として面白い部分が見れる、そういうスターなんじゃないかと思いますけどね。

月組さんの三銃士のときみたいに、いろんな人に見せ場があるっていうのは、なかなか作品としては難しいのかなー。なんて思いました。

キレッキレのダンスだった和希そらさん

あと、今回印象的だったのは、ショーのダンスがキレッキレだった、和希さんですね~。

わたしは「キレッキレ」の称号は礼真琴さんにしか使ったことなかったんですけど、和希さんのダンスは紛れもなく「キレッキレ」だったと思います。

ふたりは礼さんの写真集(フォトブック)に一緒に載ってましたよね。ふたりが本気で踊ったら、なんかスゴそうですよねえ。すごい迫力で、鼻血が出るかもしれません(笑)。やたらと運動神経が良さそうなふたりですね。

わたしは寿つかささんがミスター・ボージャングルで出てくる場面で、和希さんのダンスを見て「うわぁ!!」と思いました。その後もオペラグラスで見たけど、ちょっとした動きでもラインが綺麗というか、サマになっているというか、ポーズがキマってて、すごいなーと思いました。踊りのセンスっていうんですかねー。すごい。

わたしも昔踊りをやっていたんですけど、本番で衣装を着て舞台に上がると、衣装とか音楽とか、いろんな要素に助けられて、うまい人はそれなりに、うまくない人もまあまあそれなりに見えちゃうところがあると思うんですよね。

衣装を着てても、舞台上で踊りのうまさが感じられるっていうのは、普通レベルを相当超えてうまいってことなんじゃないかなーと思いました。稽古場だったら、もっと歴然としたダンスの実力を感じるんじゃないですかね。

和希さん、良かったです! 次からは最初からもっとマークしようと思いました(笑)。わたし、こういうの気づくの遅いほうなんで、今さら気づいたのかよっ!っていうカンジだったらスミマセン。

あと、イル・バーニの美月悠さんが、マンガから出てきたみたいでビックリしました。あれはマンガを見た人だったら、誰が見ても「イル・バーニだね」ってわかりますよね。

宙組公演、もう終わっちゃいますね。楽しかったです。次回も期待したいです!