宝塚テラス 

細く長く宝塚ファンを続けています 

宙組『A Motion(エース モーション)』

  

朝夏まなとさん&齋藤吉正先生

 宙組さん、『A Motion』始まりましたね。

 最近、トップさんが退団されるころにライブ形式のショー(コンサート?)をやるっていうのが増えましたね。

 演出は齋藤吉正先生ですね。

 齋藤先生の作品って、最初のころ動物の耳みたいなのをつけた人たちがいっぱい出てきて(パンダだったかな)、その世界観にすごくビックリしたり(←アキバ系のショーかと思った)、雪組公演『ラ・エスメラルダ』ではカタカナの電飾が斬新だったりして、すごく独特な感性を持っている先生というイメージですけど、作品自体は面白いというか、お客さんが退屈しないように考えてくれている印象があります。

 何となくですが、生徒さんのこともちゃんと考えてくれている気がする。

 あと、私が齋藤先生がすごいなと思うのは、作品のタイトルの付け方ですね。

  ネーミングのセンスがすごい。

 今回も、朝夏まなとアメイジングステージ 『A Motion(エース モーション)』って、タイトルがいいですよね。

 北翔さんが主演した、Oh! Edo Night Show『風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-』のタイトルもすごいですけどね。「Oh! Edo」ですよ。

 突然ひらめくのかな。頭の中に降ってくるんですかね、タイトルのイメージが。それとも、ウンウンうなって考えたのでしょうか。

 どっちにしても、普通思いつかないようなタイトルで、齋藤先生ってある意味天才なんじゃないかって気がします。

 今回は、「A」をエースって読むんですね(初め読めなかった、笑)。

 作品の説明でも、朝夏さんのことを「伸びやかでダイナミック」とか、「宙組のエース」とか、思わずファンが「そうだ!」とか「いいぞ!」と言いたくなるような、いいこと書いてあります。

 真風さんにも出てほしかったなー。私は2人が一緒にいるときの雰囲気がすごく好きなんです。

 

 私は朝夏さんと実咲凜音さんのコンビも好きだったので、実咲さんが退団していない、というのもちょっと寂しいかな。

 コンサートでは、トップ娘役さんが出演しないパターンもこれまで多かったですけどね~。

 2人が組んで踊った、『Amour de 99!!』の泥棒紳士の場面は、お互いに引き立てあっていて、すごくステキでした。

 朝夏さんの、ちょっとした仕草がすごくカッコイイところとか、洗練された魅力がよく出ていたと思います。

 二人とも魅力的でした。懐かしいですね。

 

『エース モーション』の稽古場風景

 もう公演が始まってしまっているけれど、お稽古場の映像を見た感想です。

 朝夏さん、「ひとかけらの勇気」歌ってる!

 やらせてあげれば良かったのにー!! 絶対似合ったのに、パーシー。

 そういうのって、ありますよね。

 すっごく古いネタだけれど、こだま愛さんのマリー・アントワネットを見てみたかったとか、北翔さんのトートが見てみたかったとか、いろいろありますけどね。言っても仕方のないことですが。

 でも、朝夏さんの「ひとかけらの勇気」が今回聴けるのはうれしいです。

 

愛月ひかるさんのピンクヘア

 あと、びっくりしたのは男役さんたちの髪の毛の色かな。

 皆さん普段と結構色が違う気がするけど、一番目をひくのは、愛月さんですよね。

 スカイレポートで、「ピンクヘア」って言われてましたね。朝起きたらこうなってたっていう、最初のコメントも面白いです。

 コンサートだから、いつもと違うことをしようと思ったっておっしゃっていましたが、そのチャレンジ精神がいいですよね。守りに入ってなくていいと思います!

 色も、奇抜といえば奇抜だけど、でも肌からそんなに浮いてないし、グラデーションっぽいような気もするし、すごいこだわったんでしょうね。

 私はこれを見て、コンサートって、生徒さんたちにとっても、いつもと違うチャレンジができる場っていう位置づけなんだ~って、改めて感じました。

 朝夏さんも、ノーブルな貴公子っぽいのもすごくお似合いだけど、今回は思いっきりカッコよく、はじけちゃってほしいなと思います。

 頑張ってほしいですね!


にほんブログ村