宝塚テラス 

ゆるーく宝塚ファンを続けています 

宙組『カプリチョーザ』 感想!


カプリチョーザ!!!

配信視聴の感想の続きです。

ショーでは、プロローグで生徒さんがいっせいに銀橋や舞台にズラリとならんでいて、いきなりテンションが上がりました!!

宝塚のショーは、やっぱりこういうワクワク感があるのがいいですね!

目の前に非日常の世界が一気に広がって、圧倒される感じが好きです。

 

はじめ、潤花ちゃんの衣装がモスグリーンっぽくて地味というか、ずいぶん落ち着いた色だなぁと思ったら、全員そろうとイタリアの国旗カラーになるんですね??

だいぶ後になって、そういうことかー、と気づきました(笑)。

国旗カラーというか、ちょっとトマトソース(赤)が多めのピッツァマルゲリータみたいだなとも思いましたが。

真風さんの白いお衣装がモッツァレラチーズだとすると、チーズが一切れしかのってなくて、バジルが2枚で(芹香さんと潤花ちゃん)、あとは全部トマトソースだよ、というピザになります。

具が少ないです(←どーでもいいけど、笑)。

 

スポンサーリンク

 

 

ショーの感想いろいろ

ショーではまず、桜木さんが元気に活躍している姿を見てホッとしました。お芝居でずっと具合悪そうだったから(笑)。

潤花ちゃんは、やっぱり華やかで見てるだけで元気がもらえる気がする。芹香さんと並びもいい感じ。このふたりが組んでも、きっとお似合いだったんじゃないかなー。

こんなこと言ったら怒られそうだけど、娘役さんがあんまりコンサバすぎるとちょっと野暮ったく見えちゃうときがあると思うんですが、潤花ちゃんは持ち味が大人っぽくて現代的なところがあるから、真風さんや芹香さんと並ぶと全体の洗練された雰囲気がより加速するような気がします。

退団は残念だけど、『カジノ・ロワイヤル』は今の宙組にぴったりな感じがして楽しみです!

 

あと、ヴェネツィアの場面の瑠風さんが歌がうまくてホレボレしました。

宙組は若手の上手な男役さんがいっぱいいたから、ちょっと前まで誰に注目したらいいのかよくわからなかったんです。

だけど今回の公演を見て、私は次回も瑠風さんに注目するわ、と密かに思いました!

瑠風さんって背が高くてダイナミックな感じがするじゃないですか。

それが、宙組発足当時の姿月さん、和央さん、湖月さんという高身長スターが銀橋にズラリと並んだときの、「これぞまさしく宙組の男役スター!」っていうオーラを思い起こさせるような気がしたんですよねー。

宙組って、ここのところ男役がひしめいていましたよね。ついこの前まで和希そらさんもいたし。今後はどうなるのかなー。

 

娘役では、やっぱり天彩峰里ちゃんが目立っていましたね。

歌いまくりの大活躍って感じでした。最後のトップコンビのデュエットダンスのときにも歌いながら登場したので、ぶったまげました。もう立派な実力派娘役っていうか、宙組の貴重な戦力って感じですよね。

あと、山吹ひばりちゃんの腕が細くてビックリしました。華奢なんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

うわさの中詰め

中詰めは、三組のペアが踊る場面がいろいろ話題になっていましたね。

私は配信視聴だったので、特定の人ばかりを追えるような状況じゃなかったけれど、芹香さんと天彩峰里ちゃんが組んでいるところを見ると、

あれ、芹香さん、「その首の角度どーした!?」

っていうふうに見えたところはあった。たぶん、気のせいじゃないと思う。

演出にしてはおかしすぎるし、そんな演出あるわけないだろ~と思う反面、

それでも演出のせいだと思いたいっていう気持ちもわかる気がする。

まだ正式な発表はないけど、これだけ長い時間2番手として頑張ってきたんだから、今さらおかしなことに振り回されるようなことにはなってほしくないって思いますよねー。

真相は知りようがないけれど、いろいろ気になって、あの場面のほかのスターさんたちの活躍を見逃してしまった気がする、、、

次回作では、ジェームズ・ボンドを演じる真風さんを堪能したいと思います!!

 

www.takarazuka-terrace.com

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村